趣味の総合サイト ホビダス
 

» マンガ・アニメに登場するVWのブログ記事

小学生の頃に見た。
当時はアニメ とか言わずに、テレビマンガって言ってたよなぁ。

冒頭の銭形警部の登場シーンで、ビートルがチラッと出てくる。
TVシリーズや他の映画では、銭形警部は510ブルーバードに乗っているが
この時だけ、なぜかビートル。
しかも、スプリット。

だからどうした ってわけではない。
古いルパンの映画を見てたら、ビートルを見つけた
ってだけの話。
まあ、60年代~80年代の映画やドラマだと、ビートルがいっぱい
出てくるよね。
主役はあまり、乗らないが…。
脇役の乗るクルマ?

まあ、LOVE BUG だと、主役を張ってるけどね。
ビートルが。
未来警察ウラシマンでは、主役が1話から最終話まで
ずっとビートルに乗っていたが…他にもそういうシリーズって
あるのかな?

カルルのマスキングをしながら、友人と話していたら

「昔、未来警察ウラシマンってアニメがあったよね~」

とかいうオヤジにしか分からない話が出た。
そうこうしていると、ちょこちょこ覗いている
本格的中古車!空冷ビートル。の中にも、
未来警察ウラシマンの文字を見つけた。
未来警察ウラシマンとは、1983年に放送された
アニメ作品。
緑色のビートルに乗った主人公が、運転中に未来へタイムスリップ
警察官になり悪の組織と戦う みたいな?
まあ、昔のアニメだから今、見ると難ありって感じだが
当時は楽しく見れた番組でした。

画像はタイムスリップ前 1983年のビートル
年式は不明(笑)
カブリオレモデルで車内の絵では幌の内張りの鉄骨まで
描かれているあたり
スタッフがカブリオレに乗っていたんじゃあないかな?
カーラジオもVW純正っぽい画像が確認できる。
当時はビートルって、若者が乗ってて違和感のない
ポピュラーな車種だったしねぇ。

3枚目の主人公が乗ってて、違和感のない選択って感じです。

タイムスリップする時の描写には、透視図のような絵も描かれているが
フロントフードのスペアタイヤまで描かれている(笑)

で、未来に飛ばされて警察官になったはいいが、主人公は
未来の自動車に馴染めず
タイムスリップでボロボロに壊れたビートルを「マグナビートル」に
改造します。
車高をあげて太いタイヤを履いてドアは大きく切り開き、
サイドウインドウは取り払ってますね。

悪の組織とのカーチェイスでは、これらの改造が生かされ
抜群の走破性能を発揮、大きく開いた左右のドアからは
身体を乗り出して銃撃戦を繰り広げてます。
主人公がシートベルトを締めていないのは、時代でしょう…(笑)

見た目が丸くて少し間抜けな印象を受けますが、これが劇中では
カッコよく大活躍♪

実車で車高を上げて太いタイヤを履いた砂漠用レースカーを初めて見たときには
「マグナビートルだぁ!」 と思いました(^^)
嗜好の差はあっても、魅力的な存在です♪

ウチのマルガリータを改造しよう とは思わないけれど
もう一台、改造できるベース車両と予算があったら、このマグナビートル
再現してみたい とも思いますね。

…まあ 見果てぬ夢だろうけど…

しかし タミヤかハセガワのプラモデルを改造するなら、話は違うぞ と。
マジでキットに手を入れてみようかな…。
プラモデルなら道路交通法も安全基準も無視していいし ねぇ?