趣味の総合サイト ホビダス
 

低年式のビートルにつくクレスト…てか紋章?
まあ、代表的なものとしては、ウォルフスブルグ市の紋章
フルカラー版とモノクロ(?)版が、あるね。

ちょっと珍しいところで、こんなのもある。

ネットで見てるとウォルフスブルグの紋章にも、いくつかの
バリエーションが確認できる。

これは都市の紋章なので、オラが町の紋章を付けたい
てな人も居たのだろう。


…東京都のマークが付いてる自動車を、自分の住む
福岡県のマークに付け替えちゃうような感覚…?
違うのかな?

ベルリンやハンブルグだけでなく、もっとグローバル(?)に
ドイツ国家の紋章をデザインしたものも存在する。

こちらはスウェーデン王国の略章かな?

ひょっとしたら、ボルボかなんかの部品を流用したのかもしれない。
(^^;)

旅の守護聖人 セント・クリストファーのものもある。
交通安全のお守りになるらしい。
…これ、いいな(^^)

OKRASAのものもある(^^)

ブラジル製のビートルには、ステアリングと同じく
サン・ベルナルド・ド・カンポの紋章が付く。

…これが、探しても、なかなか、手に入らない(^^;)
いつか手に入れたいなぁ。

それにしても、ほんとうに色々とあるもんだ。
でれも綺麗でカッコいい!
日本で乗るなら、自分の家の家紋を入れたり
好きな花や動物をデザインしてオリジナルのクレストを
作っちゃうのも、アリでないかい?

…んなことを考えるのは、俺だけか?

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする