趣味の総合サイト ホビダス
 

 またしてもFederação de Clubes de VW do BRさんからの情報♪

Volkswagen 1600
Para muitos, conhecido como Saboneteira.. Zé do Caixão..

Teve inicio produção no inicio de dez/68 com fim no inicio de 71…

Apenas 24.478 exemplares foram produzidos

Devido ao incêndio na Fabrica da VW foram destruídos quase 40% do maquinário.

Este foi um dos fatores do encerramento da produção.

São bem raros nos dias de hoje…
 

石鹸箱とか棺桶みたいな四角いボディは
1968年から生産が開始され、24,478台生産されたようです。
後にこの工場は火災にあい、製造機械の40%が使えなくなり
それを原因として製造が中止された。
今では、この車両は非常に珍しい固体となっている。


……翻訳は呑山だから、信用しないように!
自分で訳するか ちゃんとポルトガル語が分かる人に反訳してもらってな?

で、いただいた画像を見ると、一番に気になるのは
長く伸ばしたおっさんの爪…ではなく
我々日本人には馴染みの無い珍しいボディ。

なのだが、よく見ると 三角窓 ドアハンドル サイドミラー
スピードメーター ハンドル などなど…6V時代、12V時代の
ビートルの部品とそっくり というか 多分、同じ部品が使われているのが
確認できる。
ホイールやホイールキャップもブラジルモデルのFUSCAと共通のようだ。

過去にFLAT4東京店でこれと同型車両が販売されたことがある。
FFBの日本語ページで紹介されていた(^^)
FLAT4は「ブラジリア」と名称を間違って紹介されていたが
VW1600(ゼー・ド・カイシャウン)が正解♪
http://www.forumfuscabrasil.com/index.php/topic,56607.0.html
rusmeaさんが、日本語で解説してくれているので、詳細はこちらにお任せしよう。
http://www.forumfuscabrasil.com/index.php/topic,56602.msg1437015.html
…呑山の定型文 「詳細は不明」 とは言わない(笑)
かなり詳細な説明が読めるぞ。丁寧な日本語で(^^)

棺桶のジョーの詳細 綺麗で楽しい画像はFFBで見てね♪
「棺桶のジョー」ってなによ?という疑問も、FFBに解説されている(^^)

で、やはり気になるのが、オーナーの長い爪。
…ドアとかにぶつけて、割れそうで怖いぞ?
本気でどーでもいい事だけど…(^^;)

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

はじめて見ました。

>64BUGさん
日本では見ない形ですよね(^^)

これ初めて見た。英ミニでもいっとき当時の総裁?の名称の限定4枚ドア車が出たけど、ときのRRなT1のカタチでは4枚は無理だろうなぁと思ってました。T3とか形状的に可能に見えるけど、本国でこのカタチで出せばT1の長寿も変わったかと思う。いや変わらないか・・。レア過ぎてで早々乗れないッスね。暑い処オリジナルのVWってイイねえ。

>まるさん
ブラジルはVWの現地生産をしていたし、部品供給率も100% 他にも「ゴル」や「SP2]などのオリジナル空冷VWが生産されて、そのなかのいくつかはヨーロッパに輸出・販売されました。
ドイツ人とは違う視点で設計・生産されたこれらのモデルは観察すると面白くて、興味の尽きない車両ですね(^^)

「SP2」とか、カッコいいっすよ!

マイナーではありますが、キットカーとは違い、VWが正式に開発・生産・販売したものだから、ちゃんとした空冷VWファミリーなのです♪

いや、実車を見てみたい
乗ってみたいですよね(^^)

色々とお世話になりました☆
来年もよろしくお願いいたします(^_^)

Comment feed

コメントする