趣味の総合サイト ホビダス
 

» 2013 » 5月 » 05のブログ記事

庭に転がっている74年式。
このリアデッキリッドスプリングを戴こうと思う。

書類がね 無いんだわ。この74年式は。
前の持ち主の住所も特定できない。
修理しても、公道を走れない ということで、部品を活用させていただく。

リアフードは開いたまま、しっかりと保持される。
ウチのマルガリータよりも、カチッとしてるんだよ。

フードは地面と水平でも保持される。
うん ビートルのフードはかくあるべし。
これが本来の姿だよな。
マルガリータはこの状態でフードを保持できないんだけどね。
やはり バネがヘタっているんだろう。

昨日と同じ作業だが、慣れたのか、今回は楽に取り外せた。
並べてみると、同じように見える 特に太さや弾性に違いは見られない。

まずは、鉄板の上の方に引っ掛けてみる。
…開いた状態で保持できない
半開きは論外。

次は鉄板の切り欠きに引っ掛けてみる
…やはり 開いた状態で保持できない
半開きの状態も無理 無理…って なんで?

74年式のリアデッキリッドスプリングを移植したが、役に立たなかった
という、これまた予想外の結論。

???????????????

元のリアデッキリッドスプリングに戻したら、ちゃんと開いた状態で
フードを固定することができました。

???????????????

何が悪いの? リアデッキリッドスプリングを交換すれば
キッチリ開いた状態で保持できる というわけではない?
フードの取り付け位置がずれている とか?
ヒンジそのものが曲がってる  とか?

思ったよりも、泥沼に陥ってるなぁ 俺…。
まあ、今、困っている ってわけじゃあないんで
現状でも問題は無いんだが…気になるなぁ
このリアデッキリッドスプリング てか バネ(^^)