趣味の総合サイト ホビダス
 

» 2013 » 5月 » 04のブログ記事

 

鉄板の上にバネを引っ掛けるか
切り欠きに引っ掛けるか

予想では、テンションが強くなり、ヘタりぎみのリアフードが
「しっかり」と開いた状態で保持できるのではないか
そう考えた。

…試してみよう♪

まずはリアデッキリッドスプリングを外す…のだが
これが、やたらと 力が必要だった。
予想以上に強いぞ このバネ(^^;)


なんとか、力まかせに外したが…普段、手が届かないだけに
汚れている(笑)

まあ いい とりあえず、鉄板の上に引っ掛けて、留めてみた。

…失敗 てか 予想外
リアフードの開閉はスムース 何の問題も無い
が、しかし
開いた状態でフードを保持できない。
手で押さえてないと、自重ですぐに閉まってしまう。

???????????????

これじゃあ、ダメだ。
エンジンを見るときに、頭や肩でフードを押さえる必要がある。

元に戻した(^^;)

74年式のリアデッキリッドスプリングを移植する事も考えた。
こちらは、いかにもしっかりしてる。
バネのテンションに勢いがあるっつーか 元気があるっつーか
比べるとマルガリータのバネは ヘタってるとしか思えない。

しかし、74年式のバネをもらうためには、クリーナーを外さないと
手が入りそうも無い。

…今日も仕事が無いわけじゃあ ないんだよなぁ…
てか、クルマをいじってるのがバレたら怒られそうな状態?
締め切り間際で(^^;)

ほら 仕事の合間に、息抜きは必要だよね?
適度な休憩をとってこそ、仕事のクオリティも維持できると…

え で クリーナーを外して バネを付け替えて
場合によっては元に戻して… という時間は、休憩時間とか
息抜きの範疇を超えると判断しました(^^;)

てなわけで、別のバネに付け替えて試す という実験は後日に行います。

それはそれとして

このリアデッキリッドスプリング 特に注目したことのない部品だが
以外と高スペックの要求される部品?なのか?
弾性が強すぎても 弱すぎても問題が発生する。
エンジンを見るために、頻繁に開け閉めしてたが、そのたびに
この部品はフードを支えてくれてたんだよなぁ。

他にも多くの部品で構成されてるが、このバネも、他の自動車・場所では
転用するのが困難な部品 そのわりには目立たず、地味…。
純正のしっかりしたリアデッキリッドスプリング じつはとっても
貴重な部品なのかな…。
リプロ品は確かに、売られてるけど、強度や耐用年数はどうなんだろう?