趣味の総合サイト ホビダス
 

Boxer Beetle blogさんに、リアのスプリングの画像が
載っていたのいたのだが 見慣れた位置と違った位置についていたのが
気になった…。

エンジンを覆うフードを持ち上げると、上のほうにヒンジとバネがある。
このバネの名称は「リアデッキリッドスプリング」というのだが
呑山の見慣れた位置は下の画像の通り。

出っ張った鉄板(?)の中央に切り欠きがあり、そこにバネが納まっている。
…うん ここがバネの納まるべき場所だよなぁ…
そう思って、庭に鎮座している74年式のフードを開けてみる。

見てみると… あれ?? バネの位置が違う…。
生産されて数十年の時間が経っているので、整備や修理で
誰がどうしたのかわからない。
どちらが正しい位置なのか 確認のしようがない。

FLAT4のHPで、このバネの紹介されている画像を見てみると…
切り欠きではなく、上の方にバネを引っ掛けている。
こっちが正解? じゃあ なんで切り欠きがあるの???

へインズのメンテナンス&リペア・マニュアルを見てみると…

やはり、切り欠きではなく、上のほうにバネが引っかかっている。

ええ? 切り欠きにバネを引っ掛けるのは間違っているの??
一番、上にバネを引っ掛けるのが正しい位置?
少し、検索してみたが、ここまで重箱の隅をつついたような表記は
見つけることが出来なかった。

FLAT4 へインズなどが間違った位置にバネを引っ掛けて、その画像を使う
ということは、考えにくい とはいえ 部品の形状をみると、
切り欠きに引っ掛けるのが正解のようにも思える。

いままで、この位置に関して、興味をもった事がなかった。
ちゃんと開くし 開いた状態で維持できるし 問題ないと思ってたんだが
「取り付け位置が間違っている」かもしれない という可能性に気が付くと
これはこれで、気になる…。

やはり、へインズの画像を信じるべき かな…。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

おはようございます。

今、整備していて丁度Rフードが上がっていたの
で見てみました。私のは吞川さんのと同じ処に引
っかけてあります。見ようによっては上側にも掛
かりそうに見えますが・・年式によって違うのか
分かりませんが、上に掛けた形跡は無いです。

私のは72(1302)アイロンテールです。

ヘインズ、参照写真は結構バラバラな年式が多い
ように見えます(他のクルマやバイクでそう感じ
た)。どうだろうか??。

昔は上の部分でしたが今は切り欠きです

おそらく塗装を繰り返したり経年劣化や純正品ではない等

何かしらの原因でバネが硬くなると

リアデッキリッドの上部中央が盛り上がってきます

その後盛り上がった部分が

ボディにゴリゴリと干渉するようになり

最後はリアデッキリッドの溶接が外れて落ちます。

http://blogs.yahoo.co.jp/buchibuchi13jp/10085202.html

確かに、どう見ても『ここに引っ掛けてください』っていう感じですよね(笑)
なんのためにそこに?って疑問が残りますが、調べようが無いですね(^_^;)

irontail88さんの言う通り、製品自体が不良という可能性もいなめませんが、今の所、困った事態にはなっていないので様子みるしかないですね(笑)

もしくは何かの作業の都合で、上に引っ掛けたり切欠きに引っ掛けたりするということでしょうか?

バネがヘタってきたら切り欠きに、通常は上に引っ掛けるとか?

謎が謎を呼びますね(笑)

>まるさん
年式によって違う というのも、ありそうですね。
同じ部品でも留めてるネジの数が違う という場所もあるし。
年式で違う という話になると、へインズの画像も
参考にならないか…。

まあ どっちでもいい と言われれば
どっちでもいいんだけど ねぇ?
気になりだすと、回答が知りたいです♪

また、今回のネタって、微妙な場所だし(笑)
いままで気にしてなかった箇所ですもの。
好きでも分からない事って、ありますよねぇ(^^)

>64BUGさん
おお その記事は拝読させていただきましたが
原因は「硬いバネ」?
柔らかくてヘタったバネではリアデッキを固定できないし
硬いと溶接部分に負担が掛かる…。
思ったよりも微妙な部品なんですなぁ(^^;)

切り欠き部分にはめ込んで、テンションを低くすると
溶接部にかかう負担が減る…と…なると
バネのヘタった個体の場合、切り欠きの上にバネを乗せると
リアデッキが安定する???

実験してみようと思います。(^^)

>UNIさん
ね~? ここに引っ掛けなさい って形ですよねぇ?
幸いにして、ウチには少々、ヘタったブラジル製のバネと
硬くてしっかりしたドイツ製(?)のバネがありますので
この件については実験をしてみたいと思います。

バネの位置によって、抵抗が変わるのか
変わるとしたら、どの程度、実感できるか

なかなか、面白いテーマですよね(^^)

ドライブも楽しいが、こういう考察も楽しい♪
壊れちゃ困るが、乗って楽しい
修理して楽しい 考察して楽しい
いやぁ 良いクルマに巡り会えた(笑)

Comment feed

コメントする