趣味の総合サイト ホビダス
 

時間が出来たので、エアクリーナーの交換。
ウチのキャブレターはEMPIのカドロンなのだが
なぜかクリーナーはシングルキャブ用のものが付けられている。

ツイン用と比べると表面積が小さく、目詰まりしてるのと
似たような感じになるよね。
空気が入りにくくなって、その結果ガスが濃くなるわけだから
交換するのが良かろう という判断だ。
外しちゃうとゴミやら埃やらも吸い込んじゃうしな?
この冬にあれこれ手を入れたエンジン調整の一環だわ。

修理屋さんもあれこれと忙しく、クリーナーの取り付けに
何度も足を運ぶのもアレだしな?
部品だけ預かって、自分でつけることにしてたんだ。

まずはクリーナーを外す。

EMPI カドロンツイン エアクリ-ナ-(ハードウェア付き)

まずはクリーナーを固定するための支柱(?)をネジで留める。

後はパッキンとクリーナーを受ける皿(?)を乗せて…


…あれ?…支柱が邪魔で皿が奥まで入らない…

失敗…パッキン 皿の順番でキャブに乗せて
その後、支柱をネジで固定しないとダメなんだ…。
やり直し(^^;)

クリーナーを乗せて、上から蝶ネジで留める。
これで、良いはず…反対側も同じようにして取り付ける。

ついた けどさ ギリギリだなぁ おい?
向かって左側は問題ないが 右側は他の部品と接触しそうなくらい
クリアランスに余裕が無い。

ひょっとして、この隙間が無いせいで、シングルキャブ用の
クリーナーをつけてたのかな?
エンジンを動かして、数回、吹かしてみたが特に問題ないようなので
このまま様子を見る。
エンジンフードもちゃんと閉まるし エンジンが揺れても接触は無いようだが
さて、どうだろうねぇ?

少なくとも、以前よりは空気の吸入がよくなって、混合率に影響が出るはず。
燃費や走りにどの程度の影響が出るのか?
試しに100kmくらい、走ってきたいのだが…
今日も造型のお仕事があるんだわ(T T)

まあ、しかし 純正の(?)クリーナーが付いた というだけで
気分は良い(^^)
しょせんカドロン とか 部品精度が とか
いろいろ言われてはいるけれども、ビートルのエンジンには定番だし
よろしいんじゃあ ないでしょうか?

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

おお、凄いですね。多少EGが揺れてもRフードに接触していなければセーフですね。

カドロン純正、洗浄が出来そうで何よりです。

昔、旧い軽の乾式クリーナーで苦戦しました。やっぱ湿式でしょう。

でもオイルバスは大丈夫か?って思う事があります。あと、EGの茶漉しエレメント、私には謎です。

>まるさん
茶漉しエレメントの効果も気になるところですが、湿式と乾式での効果の差も気になります。
どちらが優れている と一概には言えないんでしょう…ねぇ…多分。
こういうことになると、どこで学べばいいものやら
そこから分からない(^^;)

クリアランスの無いクリーナーですが、フードとの接触はないみたいなので この状態で様子見ですね。
…エンジンの位置がずれてるんじゃあないか?
そう思うくらい、左右の位置が違うんですけど。
大丈夫か?ウチのビートル(笑)

先日、ジャンボリーの駐車場で何となく2チップ式テールで左右の高さが違うのを見ました。

何れも経年でマウント等の劣化とか考えると、既に正しい位置に安置されている個体って無いかも(汗。

今時、乾式で紙蛇腹のユニットを定期交換するのが主流のようです。メキビも使い捨て?。オイルバスは時に面倒だなぁと思う=効果も謎です。

>まるさん
やはり、位置そのものがズレてますよねぇ…。
本格的なレストアしないと、修正は叶わないでしょうなぁ。残念ながら。

フィルターとかクリーナーとかで検索しても、ほとんどは乾式ですね。やはり、そのほうが簡単だし手も汚れないし…(^^;)

清掃・手入れをしながらメンテが必要 というのは、いまどき流行らないってことでしょう。
現代の自動車だと、素人でできるメンテって洗車くらい? 手が出せない部分が多いから…(^^:)

Comment feed

コメントする