趣味の総合サイト ホビダス
 

エンジンに新しく装備された部品について、調べてみた。

まずはポイントが外された理由だが
高回転や長時間の使用でポイントの接触不良
電圧低下を招くことがある。
それを改良したのがフルトラ式。

フルトランジスターイグニッションの略らしいぞ?

「ジャンピング」(サージング)やポイントの「焼損」、
ヒールの「摩耗」が無くなる。「ギャップ・ドエル角調整」は不要
…そいうメリットがあるんだね。
で、こいつが、クランクの回転にあわせて、点火時期を電気信号で発信
その信号がプラグをスパークさせるON/OFFの合図になる と。

この信号がコイルに伝わるわけだが…ポイント使用時と同じコイルを
使用する場合、出力は変わらないはず。
コイルの性能が変らない限りスパークエネルギーはほとんど同等だわな。

このコイルの替わりに、コンピュファイヤ という謎の部品を経由している。
…コンピューターファイヤ????
ネットで調べても、コンピュファイヤ という単語はあちこちで見るが
じゃあ、これって何なの?という問の回答は見つからなかった…。

知ってる人、教えてください。

スパークエネルギーを強くする とか
高電圧を安定して発生させる とか
そーゆー機械だと思うんだけどな?
違うか??

それはそれとして

通勤での走行は安定した走りで気持ちよかったです(^^)
低速でのトルクが増したのか、発進 とくに坂道発進のときに

あれっ?

って思うくらい軽く発進できた。
今までが酷かった というのもあるだろうが…。
アイドリングも安定していて、フツーに運転できたのは嬉しく
…楽しいね! 何よりも(^^)

問題はこの部品 いきなり壊れたりせんだろうなぁ
と、いうこと。
FLAT4でエンジンを見てもらったときも、半年は調子良かったんだ。
それからだんだん、調子が悪くなり 排気音にパンパンいう音が混じり
始動時や停車時のアイドリングが安定しなくなった。
特にエンジン始動時には真っ黒い排気ガスが出ていた。
エンジンを噴かした時とかな?

昨年の冬には信号待ちの時にエンストするくらい、調子が悪く
減速中にアクセルを煽ってないとエンジンが止まりそうだったんだ。

数ヶ月前の状態を考えると、昨日・今日の調子の良いエンジンは
やたらと楽しいのだが…このままの調子が維持できれば…ねぇ。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

高年式は大変ですね!(>_<)

私はメキビなのでトラブルほとんどありませんが

これから増えてくるかもしれないので

参考にさせていただきます!

快調で何よりです。同時点火とは確か・・上圧縮点と排気点の2カ所を同時点火させる・・だと思います。

マルチスパークや同時点火は低速(高速も)も強くなり、燃費面も有利程度でした。ただ単なるフルトラ化とは価格的に相当違うので、効果が在って当然?みたいな感じがします。

マルチスパークも低速だけでも相当有効と聞いています。コンプの同時点火は有効だが自体の信頼性の高低だけが先走っている気がします。WOKOのもありますが、更に値段が遠い(涙。

興味が在って調べていましたが、今は此処が一番詳しい。

他には通常のフルトラキットを90度で増設して・・ツインコイル×2(又は4コイル)で同時点火する改造的な記事を見ます。

電子化(複雑化)すると、路上ではアタマで戻せると思っても(部品が在っても)、力量が無いと厳しいなぁと思う次第。予備のデスビ一式を持ってますが、暗い路上では交換は不能と思う私です(恥。

燃費も改善されていると思います。その点も是非!宜しくです。更に多分、ノーマルより回数多く点火している筈なので、プラグが倍速で消耗するの?と思ったりします。

引き続きレポート宜しくです。

>UNIさん
冬眠から目覚めて走行を開始されたようですね(^^)
よい季節になります♪

基本的に同じ構造ですから、似たトラブルがおきる可能性はあるでしょう。
そうは言っても、トラブルなんぞ無いなら、それに勝るものは無いですよねぇ(^^;)

>まるさん
そうそう 予備のデスビを、自分ひとりで路上で組めるのか?
そう考えると無理じゃねぇか? と思ってしまいます(^^;)
御覧の通りに、メカ、わかんないですから 呑山は(笑)

なんにせよ、今のところは分からないことが多すぎるので
燃費も含めて、経過報告をさせていただきます。

掛かる経費についても、纏めて報告することになると思いますので
今後とも見守ってやってくださいね♪

Comment feed

コメントする