趣味の総合サイト ホビダス
 

 

シーラカンスのような1600CCエンジンが

少し進化しました…。

大きく変わったのはこの辺り

中のポイントは無くなり、発火信号だけ取得するらしい。

これが新しいイグニッションコイル

なにやら謎の部品が増えている。
謎っつーか 大雑把にはネットで勉強したのだが
細かいことは相変わらず理解できていない。
今日は夕方に車両の引き取りに行ったので、詳細な説明も聞けなかったんだ。

…なんとな~く 何かが違う と思うのだが
アイドリングが安定しない 運転していてエンストすることがある
細かいことを言い出すとキリが無いが、エンジンの調子がおかしい
運転してるとストレスが溜まる というのは大問題。
何よりも優先したかったのは

「普通に運転できる状態にすること」

最優先課題をクリアすることだけ考えて
それ以外のことは後回しにすることにした。

で、理屈も知りたいが、何よりも知りたいのが
気持ちよく走れるようになったのか? ということ。
まずは、KEISON’Sさんを出て、家とは反対方向に…。
エンジンの音は少し静かになり マフラーから時々、聞こえていた

パンッ! パンッ!

て音は無くなった。
低速での回転は良好…停車中のアイドリングも安定している。
10分ほど、様子をみてみよう と、交通の流れに乗りながら運転していたが
あと少し この坂で加速を試してから 
この直線でシフトアップ ダウンを試してから
あと少し様子をみて… で 気がついたら1時間以上、走ってる。

ん~ い~んじゃぁない?これ?

楽しいよ?安定したエンジン♪
いや、油断は禁物だけどね?少なくとも、前よりは良いようだ。
通勤でしばらく、観察してみよう。

うふふふふ…(^^)

慎重に様子を見るべきだよな?
通勤だけじゃあ分からないことも多いし
少し、遠出してみて、確認する必要があるよね。

…遊びに行くわけじゃないんだからねっ(^^;)

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

普通に乗れるのが最優先・・・最初の件、旧車に取
ってマジで最優先されることです。元の状態が
解らないが、当然当時も普通に走って止まってい
た筈。この状態に戻すのは旧車乗りは皆願って
いる事だと心底思う。

過日、一人で戻ってくるのに2年掛かった軽自動
車を飼っていた。JAFも多々。近場は押して帰っ
てくる(苦笑涙。

コンプの同時は遠目に見ていましたが、どこのシ
ステムでしょうか。コンプでは無い?。

何れにしろ、何故同時点火で普通になった・・その
理由が知りたいです。

まず良かった良かった。

>まるさん
まずは、普通に乗れるようになった
そのことが最大のニュースです(笑)
呑山も昔、マツダのシャンテ(360CC)に振り回されたことがありますが、こいつは苦労させられた分、楽しい奴でした♪
今のマルガリータも、やがて快調な走りを完全に取り戻すでしょう。 …そう思わないとやってらんない(^^;)

何故、同時点火で調子よくなったのか? ここのところは、時間を作って修理屋さんに聞いてみます。
呑山も知りたいですし。

Comment feed

コメントする