趣味の総合サイト ホビダス
 

 

前々から気になっていたんだが、車内に雑多なものが転がって見苦しい。
車検証 ガラスクリーナー ペーパータオル 眠気覚ましのガム
トミー毛塚先生の緊急マニュアル…などなど
日常の運転などで車内に積んでおくと便利 又は
役に立ったからそのまま積んでいる ものなどがあれこれとある。

とはいえ、VWマニュアルなどは毎日、運転のたびに見る というわけでもない。
ガムテープとかは室内のゴミを拾い集めるのに重宝するが、使う機会は稀だ。
では家において置くか…となると、それも不便に感じる。
出先で使うことが想定されるし、実際、そういう機会も多々あった。

これらを纏めて箱の中にでも入れて、整理できると車内はすっきりするな
と、前々から考えていたんだが、最近、手ごろな箱を見つけた。

中古のアタッシュケース。500円。
サムソナイト製(笑)

ダイアルロックもしっかり機能するし、頑丈さがウリのサムソナイト
表面は傷が付いて、中の荷物を守ってきた歴史が刻まれているが
機能そのもには特に問題は無い。
このまま、旅行に使っても問題ないくらいの品なのだが、これが500円で
買えるって、ある意味すごいよなぁ…。

車内に転がっていた雑多なものを全て納めて、まだ余裕がある。
このケースは後部座席の足元にぴったり収まるので、良いサイズだ。
運転席に座ったまま、背もたれの後ろにあるこのケースを引っ張り出すのにも
特に不便を感じることは無かったので、しばらくこのケースに物を収めて
様子を見てみようかと思う。

ちょっとレトロな感じのアタッシュケース という点も個人的なポイント♪
007みたいで、カッコよくない?
まあ、ジェームス・ボンドが500円で買った中古のサムソナイトを使うとは
思わんけどさ…(笑)

小さなグローブボックスには、掃除に使う小さなホウキ(?)と眠気覚ましの
ガム それにガソリンの給油計算などに使っている手帳のみ。

こちらは、20年くらい前からウチにあるコルクを貼ったケース。
特に使ってなくて、ただなんとなく、ウチに置いてあったんだが
車検証などの書類を入れて、助手席の座席の下に収納。

とはいえ、よくよく見てみると、不必要なものもあるようだから
どうしても必要なもの と 無くてもよいもの を
選定する必要を改めて感じる。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

工具や部品を持つのは旧車ならではでしょうね。

ワタシも実際出先でこんなに使うか?と言うと疑問であるけど、バイク整備と重複する工具が殆ど。工具一式は乗るときだけ積載しています。車庫出し入れが非常に面倒な処な為もあります。工具入れはアストロの大きめの工具バックです(ショルダーベルト付き)。

クルマ専用の部品は点火系、ベルト、ワイヤー類、コイル、デスビ等々はシート下に転がしてあります。夜間の路上で出来るの事は殆どなさそうです(涙。夜間路上緊急整備用にライト類を買いたいところです。

>まるさん

工具や部品は新車じゃあ、積まないですよね(笑)
呑山も工具はトランクに載せてますが、お守りですわ。
メカ音痴だし…壊れてもどこを診ていいかすら分からない。

…情けないかぎりです…

実際に路上でやったことと言えば、ヒューズ交換くらい?
(^^)

旧車載りは工具持ちですね。当然!。

アイシングでエンコしました。工具の出番無し。
工具と部品を買い集めるって旧車乗りの習性。

出先で可能なのは点火廻り位です。それも突発的
な事が起きない限り、仕業点検で解ります。出先
で出来そうなことはイグナイター(フルトラ)の
突然死。一応、別デスビにポイント付けて放りこ
んである。これも暗いと出来ない。いざ起きたら
何も出来ないと思う。

私、工具と予備部品積載は精神安定剤。
ヒューズも何処かに在ったな(汗。

車検・・何処に出そうか考え中。

>まるさん
たしかに、精神安定剤(笑)
工具があっても出来る自信は無いが
工具が無ければ確実に何も出来ない
…とか思うと、重い工具も下ろせません(^^;)

私は運転席に自転車用の小型ライトを装備してます。
夜のヒューズ交換の時には確実に役立ってくれました(^^)

Comment feed

コメントする