趣味の総合サイト ホビダス
 

 

最近、ブレーキペダルが深くなってきたような気がしていた。
走行中、ちょっと試して見ると、制動距離に不安もあった。

なので、ブレーキのクリアランス調整を行った。

…忙しいんだけどな?
でも、事故があってからじゃあ遅いしな。
自動調整って機構を備える現代車と違うからねぇ。
ブレーキ・シューは使えば減る。
減った分だけ、ペダルの踏み代が増える。
まあ、ドラムブレーキの宿命だよね。

ホイールキャップを外して、ジャッキアップして
ドラムの穴にマイナスドライバーを突っ込んで
…………わりと楽しい…(^^)

どーでもいいが ホイールキャップを外すと、すげぇ汚れてるねぇ。
ホイールが。真っ黒だわ。
たまには、ここも洗ってやらんとね。
…今度ね また、次の機会に洗うから…
ほんとに、〆切が切羽詰ってるからねぇ。

作業を終えて、ホイールの汚れは見なかった事にしてキャップを装着。
近所を一回り、テスト走行。
この作業、メンテしたぞ~っ!って実感できるよね(^^)
ブレーキペダルを踏んだ感触が、まるで違うものな。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

そうですね。。。^^

僕も急いでコペルティノのブレーキ・シューの点検をします。

買った時に、どう言う状態なのかは分かりませんので、気になります。

ブレーキ・シューの状態にかかわらず、交換します。^^

TCHAU!^^

>Rusmeaさん

可能ならば、消耗部品は交換してしまうのが安心できますよね(^^)
…とは言っても、経済的な問題があるので、そう簡単には話が進みませんけれども…。

なにはともあれ、ブレーキは最優先チェック項目のひとつ。
安全な運転のためにも、用心に越したことは無いですよね(^^)

呑山さん、こんにちは。

コマの動かし方、本で見ると割と簡単そうに見えるのですが、なかなか自力で行う気が起きないです。

昔360の軽で遣ったんですが(ブレーキを踏むと対向車線に飛びだそうとする自殺型(汗)。結局シリンダーのリークでした。以降、ブレーキ周りに問題を感じたらお店任せです。

自力ではオイル交換、ファンベルト、タイヤエアくらい。最近はクラッチを踏むとペダル軸の油ぎれみたいな感じになり、店に行って右ハンのブレーキアッシ-を子細に見せて教えてもらいました。クラッチワイヤ(よく書かれている)の事を考えるとアッシ-を外すと元に戻せなくなり、自走不能になりそうなので根元にオイルを垂らすのみとしてます。分解しないと無理なのと右ハンのペダルアッシ-は結構厄介みたいな感じでした。

>まるさん

やはり、ブレーキのような箇所は専門の人にみてもらいたいですよね。
まあ、呑山はいろいろと事情やら制約やら…(^^)
なんだかんだで、簡単な調整くらいは出来るようになりましたが、やはり、機会をみて専門店でチェックしてもらう予定です。

万が一のことがあるとね…ブレーキはね…(^^;)

右ハンドルのペダル関連は、品薄のようですし、ワイヤーの接続部分の磨耗も手間がかかる補修ですよね。
動きが渋いと、踏んだ時に 「…ギシッ…」 とか音が鳴るんですよね(^^)
足に伝わる感触もヘンになるし。

オイルを垂らして、回復できるようなら重畳♪
こまめな点検でペダル関連の寿命が延びるといいですね。

呑山さん、おはようございます。

2ヶ月前頃の事。走行中に路肩に止まっていたVWポロが突然車線に出てきてフルブレーキを踏んだ(汗。おばさんドライバーで怪しかったんで横目で見ていたんですが、後方確認をしていなかったので出て来ないと思っていたら出てきた。

多分、ロックする程のブレーキって私のクルマ運転歴では暫く記憶無し。その時、ハンドルが右に取られた:滝汗。前の悪夢が在りましたので、即刻主治医に持ち込んで踏み込んでもらってます。結局、路面の状況によりハンドルが取られたのだろうと言うことになりました。ブレーキのバランス・効きは正常。こんな時、ABSって思っちゃいます(多分)。

右ハンのベダル周りは複雑で、子細に写真で載っているのは見たことが無い。で、主治医の処に行って見せてもらった。根本的に車検の時にバラしましょう、オイルを垂らして対処療法で経過観察です。オイルを垂らすポイントは、一方(左側)がトンネルの中で今回は注油は諦める(オイル差しを工夫して再トライ予定)右側はクラッチベダルの根元右側に出ているのでそこにオイルを滴下しています。改善の程は気持ち程度か?。左側トンネル内を差してみる(左右両方)ともう少し違って改善してくれそうな気がします。頑張ってみます。

That’s a cleevr answer to a tricky question

Comment feed

コメントする