趣味の総合サイト ホビダス
 

 

アルバイトでも、造型でも、仕事としてやっている以上、ちょっと嫌なこと
そーゆーのは日常的にあるわけだが、重なるとストレスが溜まるし、それを
発散したくなるのが人情ってもんだろう。

で、スケジュールがぎうぎうなんだけど、無理やりに遊びの時間を入れてみた。

ちょっと前に手に入れたフラワーベース。
ドイツのババリアにあるROYALという会社の陶器製の自動車用の花瓶。
制作年代はよく分からんのだが…60年代くらい?
もっと新しいのか?ドイツで陶器製の花瓶に対して法的規制があったはずだから
それよりも前のもんだろうとは思うんだが…詳細は不明。
例によって例のごとく(^^;)

リプロ品ならまだしも、当時モノは状態がいいと数万円の価格になるものも
珍しくは無い。
貧乏人にはちょいと、手を出しずらいお値段なんだが、この花瓶は安かった♪
…2,000円(^^)

ヒビも無いし、欠けている部分も無い。
表面もツヤツヤとした陶磁器の高級感を感じさせる良いお品(だと思う…)。
ただ、ダッシュボードに取り付ける金具が無いんだわ。
だから安かった。このままじゃあ、役に立たんものね。

そーゆーわけで、磁石を買った。
ネオジウム磁石 普通の磁石よりも強力なヤツ。
この磁石でダッシュボードに固定しよう と思ったんだねぇ。

車庫にあった薄い金属板を曲げて、花瓶と磁石に両面テープを張る。
作業はコレだけ。すげぇ簡単な作業…(^^;)
肝心の花瓶の裏側もキレイだったので、両面テープは問題なく付いてくれたし
金属プレートとの相性も良し。

花瓶の中に水を入れた状態で、走行中の振動に耐えられるか?
その点は心配だったが、さすがにネオジウム磁石!
テストしてみて不安は無くなった。
ガッチリ付くんだわ この磁石。

画像はちょっと珍しい緑色のバラ。

ダッシュボードに花が飾られると、気分が違うね♪
んで、取付金具と違って、設置場所を選ばない というのも、悪くない。

…とは言え、やはり純正の取り付け金具があるなら、それに越したことは
無いんだけどね?
取り付け金具の別売り って聞いたことが無いけど、気長に探してたら
そのうちに見つかるんじゃあないだろうか…? 
どーしても見つからないようなら、薄い金属板で自作 って選択もあるよね。

しかし、最近は少し、暑いわけだ。
6月だもんな 暑くもなる。
生花にはつらい環境だねぇ。
3日もしたら、バラは散ってしまった…。 しょうがないけど。

とりあえず、100円ショップで造花を買って突っ込んでみたが
これはこれで、華やかでよろしい(^^)

まあ、良い気分転換になっているんで、取り付けて正解だろう。
20代の頃、68年式のビートルに乗っていた頃から、このフラワーベース
憧れだったんだよねぇ…。
ビンテージっぽいっしょ?なんとなく?

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

初めて購入したフラワーベースはROYAL製でした
付属のマジックテープで直接ボディに貼りつけるか
取付金具を両面テープで直接ボディに張り付ける
説明書がついていました
付属されていた取付金具は使わなかったので
探せばどこかに転がっていると思いますが
見たら多分使わないと思います。

>64BUGさん

…なるほど 両面テープですか…(^^;)
マジックテープでも、ボディに貼り付けるのは抵抗がありますねぇ 心理的に。
磁石のほうが、安心できるかな???

どちらにしろ、薄い金属板を手に入れて、取付金具の自作を真剣に考えるのが正解ですかね?

しかし、良いですねぇ フラワーベース♪
運転していて目に入る位置だから
楽しさ2倍(^^)
ドライフラワーや日持ちのする花など、新たに興味も湧いてきました。
ぼちぼち、バランスの取り方も学びたいものです。
花の位置とか 葉の占有する割合とか…。

Comment feed

コメントする