趣味の総合サイト ホビダス
 

» 2012 » 6月 » 10のブログ記事

 

まあ、いろいろと制約があって、自由時間も限られているのだが
海外の仲間に見てもらうべく、「日本っぽい」場所での記念撮影を試みた。

場所は福岡県北九州市小倉にある、小倉城。
呑山の家から1時間弱の距離だけど、「日本っぽい」でしょ?

歴史的建造物だから、真横に乗り付けて記念撮影
というわけにはいかなかったけど、少し離れて撮影するくらいが
全体が見えていいよね。

この小倉城の隣には、神社もあり、ここも「日本っぽい」雰囲気に
満ちているので、ここでも撮影した。

交通安全のお守りを、お世話になった海外の仲間に贈ろうかと
その趣旨を巫女さんや、神職の方々に聞いてみたのだが…

「我々、日本人と違って、宗教的な護符などに神経質な方も海外には
多いです。大丈夫ですか?」

…………そー言えば、日本には八百万の神々が定着しているから
海外の宗教にも抵抗は少ない。しかし、唯一絶対の神を信仰する人には
日本の神道のお守り というのは好ましいものではないかもしれない…。
日本人なら、十字架とか聖クリストファーのカーバッチを付けちゃうけどな。
何の抵抗もなしに(^^;)

うむ 呑山の思いつきは浅はかであった。
さすがに神職の方は思慮深い…。

それはそれとして、ステッカーを送っていただいた海外のVWクラブの活動
これをHPで見てみると、日本とはだいぶ、様子が違う。
社会貢献にたいする積極性は頭が下がる思いだ。

↓大雑把な日本語で見れるので、是非、参照していただきたい。
http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=pt&u=http://www.fuscapocos.com.br/&ei=4wjLT87cAcfbmAXl4pCBDw&sa=X&oi=translate&ct=result&resnum=1&ved=0CFwQ7gEwAA&prev=/search%3Fq%3Dclube%2Bdo%2Bfusca%2Bde%2Bpocos%2Bde%2Bcaldas%26hl%3Dja%26biw%3D1024%26bih%3D564%26prmd%3Dimvns

ステッカーを貼る前に、このHPを見て 単なる自動車愛好クラブとは違うぞ
ということを認識していた。
そういうクラブのステッカーを貼るからには、
その看板に泥を塗るような行動は慎むべき との気概もある。

もともと、数が少ない空冷エンジン搭載車だから、呑山の行動で、
オールドビートル全体の評判を悪くする可能性も否定できない。
良くも悪くも、目立つからな。今の公道では。
慎重で安全に、でも楽しく という姿勢で運転していたが、あらためて
まだ見ぬ仲間のステッカーを貼り、看板を背負うことで、
よりマナーに留意する効果が実感できた。

ステッカーといっても、ショップで売っているシールとはちょっと、違う。
カッコいいステッカーを背負うからには、責任と自覚が必要と思う。