趣味の総合サイト ホビダス
 

 

ここは基本的にVWに関連したことや、呑山の個人的なことしか載せない。
まあ、政治や宗教やスポーツに関しては触れないよ 
みたいな自分ルールがある。そういう観点からすると、今日は例外。

.

政治がからむ話なので、あまり楽しい話じゃあ、ない。

.

.
ここのところ、ブラジルのVWフォーラム掲示板で画像やら
文章やらを見ているが、昨日、日本に関した記事を見つけた。

昨年の3月の震災で放射能漏れをおこした福島第一原発
ここでの作業要因を募集する広告が出されているらしい。
ブラジルで。 日給3万円だそうだ。
地球の裏側 と言っていいほど距離の離れた場所で募集してるんだ。
他の国々でも募集してるんだろうなぁ…。

たとえば たとえばの話だ。
A国が、天災により原子力発電所が被害をうけて放射能漏れがあった
と、仮定しよう。
んで、A国人が放射能を恐れて、海外に、日本に作業員の募集広告を出したら
どう思う?

天災は誰のせいでもない。それに関連する事故も。
その被害については役に立つなら、尽力するだろう。
しかし そうは言っても

「放射能恐いから、国民のかわりに作業してよ
金なら払うよ」 

って言われたら? てか、日本はそう言っているんだけどね。
なんか、ムカつくっつーか、恥ずかしくない? 俺だけ?

いや、呑山も放射能は恐いから、近寄りたくないけど。
危険なところで人に代わって作業をするロボットとか、開発してるって
いろんな情報媒体で見た記憶があるが、現状では役に立たない
ってことだろうなぁ。
将来はさておき、今のところは。

日本国内でも、震災後、原発作業員を高給で探している って
話は聞いていたけどね。海外でも募集していたんだねぇ。
放射能についてアレルギーのある我々日本人にも、健康被害や
その後の影響について詳しい告知は無い募集だった。
まあ、聞かされなくても分かるけどね。てか、見当はつく。

日本はヒロシマ・ナガサキ・チェルノブイリと、その恐さを学ぶ機会があったから。
海外でも、募集するときは健康被害や危険度についての告知は無いのかな?

…無いだろうな…

誰もが嫌がる仕事だけど、誰かがやらなければならない。
誰もやらないから海外に人員を求める。
話は理解できるが、それは違うんじゃあないかな?
災害支援で多くの国々から無償の助力を戴いたのは記憶に新しいが
その国々に対して

「金は払うから代わりに死んで」

って、ひどいと思う。

「ならば、おまえは何をする 何ができる」

と問われても、今すぐ明確な回答を出せないのだけれど。
自分の無力と無知も恥ずかしいと痛感した海外の掲示板だったが、
さて、これを読んだ 読まされたあなたは、どう思う??

御意見、苦情がありましたら、呑山にメールください。
r.nomiyama@hb.tp1.jp

http://g1.globo.com/jornal-hoje/noticia/2012/05/brasileiros-no-japao-se-candidatam-para-trabalhar-na-usina-de-fukushima.html

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

原発災害の現場で尽力されている技術者、作業員には私も含め、多くの国民は感謝していると思う。原子力の事は解らないけど、少なくとも怖い事だけは分かり、何世代にも渡る後遺症がきっとある(原爆など被爆体験の事からも)。

○○シーベルトまでなら影響が無い・・って。既に世界規模でも原発が多数在り、既に大規模事故も旧ソ連や、米国でも起きている。また核実験が自然や周囲に及ぼす影響だって僕のアタマでは同じ事。

懸命な復旧作業、誰かが遣ってもらわないとならない仕事。東電原発サイドは当然としても、それをロクな情報(日本国民にすら)も出さないで「遠い外国で高い給金で募集」しているとは呆れて物が言えない。ひょっとして?と内心思ってはいましたが、愕然としますね。

小生も人が嫌がる事を生業としている。多くの人が嫌がる仕事で働いている。でもそれは(一応)時間で区切られているし、肉体的・精神的疲労はあってもその後の代にまで影響されるような事は全く無い。

見えないところで既に全世界にばらまかれている放射線はもう取り返しが付かない事だけど、直接的人的作業を遠い地の外国に迄募集をかけて行うとは恥ずかしい。これ、日本国民は知っているのだろうか?。

吞山さん、一度目を通されてからアップされていると思います。この内容ヤバイようならupしないで削除願います。

>まるさん

真摯な解答、ありがとうございます。
今のところ、メールでの回答もありましたが、その方たちの意見の公開についての了承を確認できていないので、大まかな概略だけここで報告いたします。
まずは、事故発生当日から今までの間に、被爆しながらも命がけの作業を続ける職員の方々に感謝しているのは、皆さん共通の感想のようです。
そして、自分がその現場に飛び込むのは恐い というのも共通しているようです。
それぞれ、表現は違いましたが大まかな意見としては同じです。

海外での人員募集 その募集で危険への告知が充分でないこと
このことを知らない人ばかりでした。
たまたま、ここに意見を寄せてくれた人たちが知らないだけで
国内でも告知があったのかもしれませんが…。
そして、上記の、危険への告知が充分でないまま、募集広告を出していることに賛同をする人は一人もいませんでした。

不十分ながら、複数の回答の概略はこういう結果です。

…っていうか、みんな、かなり怒っているよ?
人を騙しちゃあダメじゃん っていうあたりまえの反応。
俺もそう思う。 騙しちゃダメだよねぇ?
まあ、募集はウソをついているわけではない。 そーだね。
言っていないことがあるだけ。 タテマエはそーだろ。
ただ、我々の常識では、それは「ウソ」と認識するわけだ。

で、俺たちに何ができる? ということに触れた人は2人。

無駄を承知で政治家に陳情すること。
無駄っていいかたは、アレだけど。地元の議員に陳情書を出す
というのはアリだと思います。
それと、この情報の拡散。
つぶやきでも 掲示板でも 何でもアリだけど。
ただ、事はデリケートだしね。書き込みによる拡散はマナーに気をつけて
空気を読んで実行しようね。

…だって、憤ってる人、いるもの。
感情的になると、無駄な争いを呼びそうでしょ?
情報を受け取る人が冷静に判断できるように、落ち着こうね(^^)

That’s really tinhikng out of the box. Thanks!

Comment feed

コメントする