趣味の総合サイト ホビダス
 

» 2012 » 6月のブログ記事

 

最近、ブレーキペダルが深くなってきたような気がしていた。
走行中、ちょっと試して見ると、制動距離に不安もあった。

なので、ブレーキのクリアランス調整を行った。

…忙しいんだけどな?
でも、事故があってからじゃあ遅いしな。
自動調整って機構を備える現代車と違うからねぇ。
ブレーキ・シューは使えば減る。
減った分だけ、ペダルの踏み代が増える。
まあ、ドラムブレーキの宿命だよね。

ホイールキャップを外して、ジャッキアップして
ドラムの穴にマイナスドライバーを突っ込んで
…………わりと楽しい…(^^)

どーでもいいが ホイールキャップを外すと、すげぇ汚れてるねぇ。
ホイールが。真っ黒だわ。
たまには、ここも洗ってやらんとね。
…今度ね また、次の機会に洗うから…
ほんとに、〆切が切羽詰ってるからねぇ。

作業を終えて、ホイールの汚れは見なかった事にしてキャップを装着。
近所を一回り、テスト走行。
この作業、メンテしたぞ~っ!って実感できるよね(^^)
ブレーキペダルを踏んだ感触が、まるで違うものな。

 

アルバイトでも、造型でも、仕事としてやっている以上、ちょっと嫌なこと
そーゆーのは日常的にあるわけだが、重なるとストレスが溜まるし、それを
発散したくなるのが人情ってもんだろう。

で、スケジュールがぎうぎうなんだけど、無理やりに遊びの時間を入れてみた。

ちょっと前に手に入れたフラワーベース。
ドイツのババリアにあるROYALという会社の陶器製の自動車用の花瓶。
制作年代はよく分からんのだが…60年代くらい?
もっと新しいのか?ドイツで陶器製の花瓶に対して法的規制があったはずだから
それよりも前のもんだろうとは思うんだが…詳細は不明。
例によって例のごとく(^^;)

リプロ品ならまだしも、当時モノは状態がいいと数万円の価格になるものも
珍しくは無い。
貧乏人にはちょいと、手を出しずらいお値段なんだが、この花瓶は安かった♪
…2,000円(^^)

ヒビも無いし、欠けている部分も無い。
表面もツヤツヤとした陶磁器の高級感を感じさせる良いお品(だと思う…)。
ただ、ダッシュボードに取り付ける金具が無いんだわ。
だから安かった。このままじゃあ、役に立たんものね。

そーゆーわけで、磁石を買った。
ネオジウム磁石 普通の磁石よりも強力なヤツ。
この磁石でダッシュボードに固定しよう と思ったんだねぇ。

車庫にあった薄い金属板を曲げて、花瓶と磁石に両面テープを張る。
作業はコレだけ。すげぇ簡単な作業…(^^;)
肝心の花瓶の裏側もキレイだったので、両面テープは問題なく付いてくれたし
金属プレートとの相性も良し。

花瓶の中に水を入れた状態で、走行中の振動に耐えられるか?
その点は心配だったが、さすがにネオジウム磁石!
テストしてみて不安は無くなった。
ガッチリ付くんだわ この磁石。

画像はちょっと珍しい緑色のバラ。

ダッシュボードに花が飾られると、気分が違うね♪
んで、取付金具と違って、設置場所を選ばない というのも、悪くない。

…とは言え、やはり純正の取り付け金具があるなら、それに越したことは
無いんだけどね?
取り付け金具の別売り って聞いたことが無いけど、気長に探してたら
そのうちに見つかるんじゃあないだろうか…? 
どーしても見つからないようなら、薄い金属板で自作 って選択もあるよね。

しかし、最近は少し、暑いわけだ。
6月だもんな 暑くもなる。
生花にはつらい環境だねぇ。
3日もしたら、バラは散ってしまった…。 しょうがないけど。

とりあえず、100円ショップで造花を買って突っ込んでみたが
これはこれで、華やかでよろしい(^^)

まあ、良い気分転換になっているんで、取り付けて正解だろう。
20代の頃、68年式のビートルに乗っていた頃から、このフラワーベース
憧れだったんだよねぇ…。
ビンテージっぽいっしょ?なんとなく?

 

Forum Fusca Brasilの日本語ページで
ブラジルで働くVW」というスレッドが用意されました。
警察 軍 消防などの機関で使われた 使われているビートルが
(ブラジルではFUSCAだけどね?)画像と日本語の解説で紹介されてます。

ずらっと並ぶビートルが壮観!
なんかCGみたい とか思う(^^)

画像は  スレッド: ブラジルで働くVW   から
他にも数種類の警察車両が紹介されているが、カラフルで見ていて楽しい♪

90年代のビートルのテールパイプの位置とか
70年代なのに62~64年式と見間違いそうな特徴を備えていたり
画像を見ていると 「??????????」 と首を捻ることが多い。
ドイツのモデルチェンジは雑誌等でよく紹介されて知識もそれなりに
蓄えてるけど…いやぁ 世界は広いよな?

聞くところによると、オーストラリアのビートルも、ドイツとは違った
進化を続けたらしいよね?
じゃあ、メキシコは?タイは?南アフリカは?
VWはドイツ以外でも数多くが生産され、そのそれぞれの国で
違った歴史を歩み続けている。
…まだ現役の車両もいるからね?現在進行形だわ(^^)

 

しばらく前に、友人とガソリンの違いについて話した。
ビートルに関しては、ハイオクを使用すべし という話と
レギュラーで充分につかえるぞ という話の両方を聞く。
それぞれのドライバーの経験に基づいた話だろうから、
それなりに説得力があるわけだ。
どちらにしても ね。

呑山は今まで、ハイオクを入れていたが、友人が言うには

「オクタン価にそれほど極端な違いがあるわけではないので
どちらでもそれほど差がないと思うよ」

という話だった。
まあ、それもそうなのかな? と思って、レギュラーを1ヶ月、
試してみた。

通常走行 燃費共にはっきりわかる違いは無かった。
どちらでも良さそう と、思わないでもないが、差の出るところもあった。
低速でのエンジンの安定に違いがでてきた…。

他の空冷エンジンは知らんけどね?
呑山のマルガリータに搭載されている空冷エンジンは影響があった。

具体的に言うと、坂道発進のとき。
今まで、ハイオクで通勤していた時に、問題なかった坂道での発進で
パワーが足りない というか 少し余分にアクセルを踏み込まないと
エンジンが停止することがあった。

まあ、いろいろな原因が考えられるが「あえて」何の対処もせずに
ハイオクに戻して同じ道を数日間、通勤しているが 以後、何の問題も無い。

同じ道 同じような気温 同じ運転手での比較だから
違いがあるとしたら、ガゾリンのオクタン価の違いだけ
…と、思っていいだろう。

メカ音痴だからな?他にも原因があるかもしれんが
少なくとも、通勤途中にある坂道の信号でアクセルを踏み込む頻度は減ったね。
そーゆーわけで、以後はハイオクを入れることにした。
少なくとも、呑山の空冷エンジンにはハイオクが適してるようだ。

先日、衝動買いしてしまった。
クリスマス仕様のオモチャ(笑)
500円。

いや、なんか、すげぇ楽しそうで 助手席のトナカイさんが♪
年式は不明…って、こーゆーオモチャに考証を求めても意味は無い。
コレクターズアイテム? ティントイ? 知らん。
詳しいことは分からない。
でも、なんか、楽しそうだったんで、欲しくなった。
500円だし。 さびてるけど。 ウチのも錆びてるから良かろ(^^)
…意味不明…

天井のフールラックも 後部座席も
プレゼントだろう オモチャが溢れていて
トナカイさんもサンタさんも笑顔♪
ああ、まさに理想のビートルはこれかもしれないっ!

大喜びで写真を撮って、床にはいつくばって遊んでいると
突如、雑種犬のユキカゼがビートルのオモチャを奪取して逃げたっ!

ああ、それはユキカゼのオモチャじゃあないっ!
とーちゃんのオモチャだぁ 返せぇ!!

無事に取り戻したが、ユキカゼは未練たらたら。
ころころ転がるタイヤをカジリ取りたいらしい…。
安全な場所に隠しておかなければ…!!

 

まあ、いろいろと制約があって、自由時間も限られているのだが
海外の仲間に見てもらうべく、「日本っぽい」場所での記念撮影を試みた。

場所は福岡県北九州市小倉にある、小倉城。
呑山の家から1時間弱の距離だけど、「日本っぽい」でしょ?

歴史的建造物だから、真横に乗り付けて記念撮影
というわけにはいかなかったけど、少し離れて撮影するくらいが
全体が見えていいよね。

この小倉城の隣には、神社もあり、ここも「日本っぽい」雰囲気に
満ちているので、ここでも撮影した。

交通安全のお守りを、お世話になった海外の仲間に贈ろうかと
その趣旨を巫女さんや、神職の方々に聞いてみたのだが…

「我々、日本人と違って、宗教的な護符などに神経質な方も海外には
多いです。大丈夫ですか?」

…………そー言えば、日本には八百万の神々が定着しているから
海外の宗教にも抵抗は少ない。しかし、唯一絶対の神を信仰する人には
日本の神道のお守り というのは好ましいものではないかもしれない…。
日本人なら、十字架とか聖クリストファーのカーバッチを付けちゃうけどな。
何の抵抗もなしに(^^;)

うむ 呑山の思いつきは浅はかであった。
さすがに神職の方は思慮深い…。

それはそれとして、ステッカーを送っていただいた海外のVWクラブの活動
これをHPで見てみると、日本とはだいぶ、様子が違う。
社会貢献にたいする積極性は頭が下がる思いだ。

↓大雑把な日本語で見れるので、是非、参照していただきたい。
http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=pt&u=http://www.fuscapocos.com.br/&ei=4wjLT87cAcfbmAXl4pCBDw&sa=X&oi=translate&ct=result&resnum=1&ved=0CFwQ7gEwAA&prev=/search%3Fq%3Dclube%2Bdo%2Bfusca%2Bde%2Bpocos%2Bde%2Bcaldas%26hl%3Dja%26biw%3D1024%26bih%3D564%26prmd%3Dimvns

ステッカーを貼る前に、このHPを見て 単なる自動車愛好クラブとは違うぞ
ということを認識していた。
そういうクラブのステッカーを貼るからには、
その看板に泥を塗るような行動は慎むべき との気概もある。

もともと、数が少ない空冷エンジン搭載車だから、呑山の行動で、
オールドビートル全体の評判を悪くする可能性も否定できない。
良くも悪くも、目立つからな。今の公道では。
慎重で安全に、でも楽しく という姿勢で運転していたが、あらためて
まだ見ぬ仲間のステッカーを貼り、看板を背負うことで、
よりマナーに留意する効果が実感できた。

ステッカーといっても、ショップで売っているシールとはちょっと、違う。
カッコいいステッカーを背負うからには、責任と自覚が必要と思う。

 

贈られ(送られ)てきたステッカーを貼りました。

ステッカーの裏紙をはがす前に、何処に貼ろうか
テープで仮止めして位置の確認。
見栄えがよく、運転中に視界を妨げない場所を探して
あーでもない こーでもない と数時間(笑)

結局、リアのクオーターウィンドウにぺタリ。

…うふふふふふふふふふふふふふふふふふふ

かっけぇ~(^^)
やたらと嬉しいねぇ♪
なんか、あれだな?カークラブに入会したって気分が盛り上がるよね。
…集会に顔を出せないけどさ。
それでも気分は最高さぁ♪

3枚とも、それぞれデザインが個性的で、絵や形が細部に拘っているのが
VWクラブっぽい。
FFBの楕円ステッカーのイラストは、ホイールの穴まで
書き込んであるのに気がつき笑いがでた。

デフォルメしてると、省略したい箇所だが、
譲れない価値観が伺える。
タイヤの角度とかな?
で、妙に端正なボディなんだわ。日本だと、ここまでデフォルメすると
ボディの形状がファンシーになるよね。
下の2枚はClube do Fusca de Pocos de Caldas – MG のステッカー
フロントガラスの角度や屋根の曲線に必要以上の拘りが感じられる。
バンパーの書き込みとかね。シルエットなのに。
バランスもいいいし。元、商業デザイナーとしては感心してしまうね。

双方、「知らない人間がデザインした」みたいな隙が無い。
「分かってる」絵なのだが、ビートルに興味の無い人なら
見落とすだろうポイントが盛り込まれているね。

貼るのが惜しかった って気持ちもあったけどね。
ファイルに閉じて保管したくならないか?こーゆーの。
FFBのステッカーは3枚あったんで、予備として保管しているけどね(^^)

そうそう、3枚とも、どこにも 「Volkswagen」 「VW」 「Beetle」とかの
文字は入っていない。
共通するのは「FUSCA」の5文字。
日本ではマイナーな呼称だから、コレを見て分かる人は、少数派だよね。

 

ブラジルから郵便が届きました。
ワーイ♪\(^ω^\)( /^ω^)/ワーイ♪

Paulo Silvaさんから、Forum Fusca Brasilのステッカーと
仲間としてのお手紙が

クラブFuscaPocosの議長さんからは
ステッカー2種、運転免許証入れ、名刺、ロゴ入りの袋が

すぐにマルガリータに貼るんだいっ!!! と思うが
汚れてるから、まずは洗車して …いやいや
ちょっと…仕事が…〆切が…
。・゜゜・(>_<;)・゜゜・。

生活もあるから、お仕事を頑張らないとね。
と、いうわけで、ステッカーの画像は後日。
目の前の〆切に対処いたします。

Paulo Silvaさん クラブFuscaPocosの議長さん ありがとう!
Clube do Fusca de Pocos de Caldas – MG 
http://www.fuscapocos.com.br/

 

LHCAMPOSさんの動画 というか
スライドショー

LHCAMPOSさん、ありがとう!
画像をクリックして拡大して見てみましょう♪
日本のビートルとは違う雰囲気があるぞ!!

御本人の紹介文は以下の通り。

Minha Karol que cuido com carinho, ela é bege jamaica modelo 78/79:
Não sei que estilo se enquadra mas não é xuning.
私が連れて行く私のカロルは愛で気にかけます、彼女はベージュjamaicaモデル78/79です:
私はスタイルが作られるということを知りません、しかし、それはxuningしていません。

え 1978年型 名前は「カロル」 ジャマイカモデル とあるが…
ん~? ジャマイカモデル?? 分からない…(^^;)
ごめん 呑山は勉強不足です。

黄色みの強いベージュですね。
ドアの上 というか、雨水の取り道?
ここにメッキモールがあるが、どうやらブラジルではポピュラーな
アクセサリーみたい。

まあ、それは置いといて、アイロンテールはどうやら純正らしい。
ラテンアメリカのVWのモデルチェンジは独特で、資料が無い日本では
その変遷がわからないねぇ…。
まあ、ぼちぼち、そこらへんの事も学んでいこうと思う。
ってかさ?学ぶことばかり増えていくね?俺。

まあ、いいんだ それはそれだ。

LHCAMPOSさんのFFB内での個人スレッドを見ると、自分であれこれと
改修や整備をするらしく、やたらと楽しそうな画像が多い。
本文は…例によって追いきれないんだけどさ。

あと、75年型のSTDをもう一台、所有しているみたい。

…羨ましい…(^ε-)~~♪♪
個人スレッドだけで276ページあるんだよ?この人(^^)
4年分くらい。 この人だけがやたらと多い というわけではなく
FFBのメンバーはそれぞれ、100ページを越える個人スレッドを
持っている例が多い。

メンバーリストをみると2万人以上が参加しいてる勘定になるんだが…。
参加するだけで投稿してない人も多いから単純計算はできないんだけどね。

すげぇなぁ…スケールが違いすぎるぞ FFB(^^)

 

ここは基本的にVWに関連したことや、呑山の個人的なことしか載せない。
まあ、政治や宗教やスポーツに関しては触れないよ 
みたいな自分ルールがある。そういう観点からすると、今日は例外。

.

政治がからむ話なので、あまり楽しい話じゃあ、ない。

.

.
ここのところ、ブラジルのVWフォーラム掲示板で画像やら
文章やらを見ているが、昨日、日本に関した記事を見つけた。

昨年の3月の震災で放射能漏れをおこした福島第一原発
ここでの作業要因を募集する広告が出されているらしい。
ブラジルで。 日給3万円だそうだ。
地球の裏側 と言っていいほど距離の離れた場所で募集してるんだ。
他の国々でも募集してるんだろうなぁ…。

たとえば たとえばの話だ。
A国が、天災により原子力発電所が被害をうけて放射能漏れがあった
と、仮定しよう。
んで、A国人が放射能を恐れて、海外に、日本に作業員の募集広告を出したら
どう思う?

天災は誰のせいでもない。それに関連する事故も。
その被害については役に立つなら、尽力するだろう。
しかし そうは言っても

「放射能恐いから、国民のかわりに作業してよ
金なら払うよ」 

って言われたら? てか、日本はそう言っているんだけどね。
なんか、ムカつくっつーか、恥ずかしくない? 俺だけ?

いや、呑山も放射能は恐いから、近寄りたくないけど。
危険なところで人に代わって作業をするロボットとか、開発してるって
いろんな情報媒体で見た記憶があるが、現状では役に立たない
ってことだろうなぁ。
将来はさておき、今のところは。

日本国内でも、震災後、原発作業員を高給で探している って
話は聞いていたけどね。海外でも募集していたんだねぇ。
放射能についてアレルギーのある我々日本人にも、健康被害や
その後の影響について詳しい告知は無い募集だった。
まあ、聞かされなくても分かるけどね。てか、見当はつく。

日本はヒロシマ・ナガサキ・チェルノブイリと、その恐さを学ぶ機会があったから。
海外でも、募集するときは健康被害や危険度についての告知は無いのかな?

…無いだろうな…

誰もが嫌がる仕事だけど、誰かがやらなければならない。
誰もやらないから海外に人員を求める。
話は理解できるが、それは違うんじゃあないかな?
災害支援で多くの国々から無償の助力を戴いたのは記憶に新しいが
その国々に対して

「金は払うから代わりに死んで」

って、ひどいと思う。

「ならば、おまえは何をする 何ができる」

と問われても、今すぐ明確な回答を出せないのだけれど。
自分の無力と無知も恥ずかしいと痛感した海外の掲示板だったが、
さて、これを読んだ 読まされたあなたは、どう思う??

御意見、苦情がありましたら、呑山にメールください。
r.nomiyama@hb.tp1.jp

http://g1.globo.com/jornal-hoje/noticia/2012/05/brasileiros-no-japao-se-candidatam-para-trabalhar-na-usina-de-fukushima.html