趣味の総合サイト ホビダス
 

妹の使っていたジムニーは、十数年頑張ってくれたが
エンジンからの異音が激しくなり、ついに買い替えとなった。
まあ、数年前に異音が確認できた時点で修理屋に持ち込み
点検と修理を依頼したのだが、音はしてるが異常はない
ということで、妹は納得してしまっていた。

呑山は 異音がしていて問題ないという事はなかろう
異常があるから音がしてるんだ

と、主張していたが、妹は修理屋の意見に従っていた。
…まあ、結果はエンジンを載せ替える以外に修理不能
ということになったので、通勤用に似た年式のジムニーを買うことになった。

女性オーナーが通勤かなにかに使っていたらしく
ジムニーにしてはキレイな極上ボディ♪
室内もキレイだし、少々の錆意外は車体下にも擦ったり
ぶつけたような様子は見れない。
ただし、クラッチペダルから脚を離さずに運転するタイプのオーナーだったらしく
クラッチ板は磨り減ってズルズル… 要するにまともに加速できなくなったので
売りに出してたらしい。

っていうか、クラッチ板さえ交換するなら、悪くない車体 ということみたい。
部品代やら工賃やら込みで4万円でクラッチ板の交換を済ます
という条件で購入を決定。
基本的に妹の通勤用なので、呑山が乗るわけではないが
カッチリした良いクルマなので、長く、大切に乗ってほしいものだ♪
中古車屋を探したり、選定から交渉まで押し付けられたんだから
長く乗ってもらわんと努力が報われんだろう?なぁ?





で、ビートルの方はと言うと…

まずは 先週、キャブレタークリーナーを使ったのだが
低速での吹けが良くなった…ような気がする…(^^)
主観的なものでデータは出せんのだが、毎日通勤に使っているのだから
そう外れた感想でもあるまい?

オイル汚れに関しては、その後、進展なし。
ゲージでチェックしてみても減っている様子は無し。
軍手で拭い取った汚れは、そのままで新たに油が滲んだり
飛び散った様子は確認できない。

…もうしばらく、様子を見てみようと思う。

ワックス替わりのシュアラスター ゼロクリーナーだが
こちらのほうは雨が降ったときに効果が確認できた。
なんか、水をはじいているような感じ…というか
ドアやフロントフードは水滴がスルスルと流れ落ちる感じ。

ああ、効果があるんだなぁ と実感。
コーティング剤としての効果って、比較してないのでよーわからんのだが(笑)
どちらにしても、簡単だしね?繰り返し使ってナンボ
って聞いたので、継続してみましょう♪

本日、2回目の使用だが ボディ表面が
ツヤツヤ ツルツルな感触が増した……ような気がする(笑)
まあ、気は心ですよ♪…違うか?

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

マニュアルなんだね~w なんか嬉しい^^b 長く乗るにも、クラッチ交換したなら安心でいいねw 余談だが、クラッチ消耗の激しい使い方は、ミッションが通常とは逆の理由で汚れやすいです。走行距離にもよるけど、少し慣らしたらギアオイルもご検討を^^b 特にこだわる必要はなく、一般レベルや純正で充分ですよ~^^b
ところで、黒煙の事――
前回はアラートだったからちょっとコワイ話にしたけれども、久しくクリーニングしてないエンジン、とくにブン回した使い方をしていない場合、キャブクリの洗浄成分でバルブ周りやシリンダー内の煤やスラッジ、固着したカーボンが分解され、黒煙をあげるのは割とあります。
低速で吹けが良くなったとしたら、そういった要素も考えられるねぇ~♪
触媒にはあまり良くないので、ある程度走り廻って触媒の温度を上げてからまたクリーニングするのがオススメデスw ちょうど、人の少ないトコまで行って、一気にクリーニングってお話もあるし、それって一石二鳥デスナ^^b
黒煙の理由が上記のモノであれば、エンジンオイルも急に汚れがひどくなるはず。要チェックです^^;
昔ブルSSSにM’sのパワーフィルターという写真のエアクリによく似たエアクリを付けてました。洗浄油で洗うのが基本だけど、一旦外してエアブラストで内側からエアを吹いてのクリーニングも少しは効果がありまする(洗浄後にはオイルを塗るのだけど、洗浄するよりはオイル消費量が少ない^^;)。
ところで、このM’s、HKSのキノコフィルターよりはマシながら、ある程度使ってると、急にエンジンオイルの汚れが目立ち、フィルタ洗浄とオイル交換の残念な目安になったなんて……蛇足で入れときます。
毎度、長くてゴメン><;

>こたろ☆彡さん

ジムニーに関しては、修理屋に任せるが吉でしょうなぁ…。
クラッチ板の交換なんぞ、手に余るし(笑)
ビートルの黒煙に関しては、しばらく様子見…と
タペット調整の可能性に思い至った(^^;)
狂ってるかも…調整とか1年くらいしてないし。

ただ、現状深刻な症状が出ているわけでもなし
警戒が必要 と認識しているので、用心してみます。

なんにせよ、長く大切に乗りたい という方針は変わらないので
チョコチョコと観察 修理を続けることになるでしょう♪

ってか、長文 警告 大歓迎!!
知識が拙い分、少しでも情報が欲しいのですわ(^^)

Your aritlce was excellent and erudite.

Comment feed

コメントする