趣味の総合サイト ホビダス
 

» 2012 » 4月のブログ記事

,

通勤途中、草餅色のビートルとすれ違った。
交通状況のせいでゆっくりと確認できなかったが
フロントウィンドウが小さかったんで
オーバルではないかと思う。
スプリットってことは無かろう…(^^)

連休に入ったので、ツーリングとか、イベントに出向く途中とか
そーゆ感じだったのではないかな?

通勤途中でなければ、Uターンして追いかけたくなる(笑)
ポルシェとすれ違うことは、まま、あるが
空冷ビートルとすれ違うのは本当に稀なこと。
少なくなったよなぁ 空冷ビートルは。

アルバイトは連休に関係なく勤務があるし
本業のほうもスケジュールがぎゅうぎゅうだし
天候も悪いので洗車を言い訳に表で遊ぶにも都合が悪い。

そんなこんなで、部屋にある棚をざっと整理してみた。
…仕事しろよ 俺…

その棚の中にしまっていたのが、この灰皿。

1968年 昭和42年のものだよな?
これは数年前にコレクションを整理したい という人から購入したもの。
500円で購入した記憶がある(^^)
裏にはマジックで画像のとおりの書き込みがある。
どうやら、当時、ヤナセで購入者に贈ったノベルティらしい。

12ボルトに電装系が一新され、大きなモデルチェンジがなされた年。
なのに、イラストのフェンダーは6ボルト時代のフェンダー。
バンパーは68年から採用されたバンパーのようだ。
67年までのスタイルとも違うし、68年からのモデルチェンジ版とも違う。
もちろん、70年代まで販売されていたスタンダードモデルとも違うよね。
マニアが見たら首を傾げる部品で構成された謎のビートル(笑)

大きなモデルチェンジだったわけだが、混乱していたのかな?情報が?
イラストレーターにまで詳細が伝わっていなかったのかもしれない。
イラストレーター っつーか 挿絵書き?当時の呼称は?

昭和42年の12月3日 と記されたこの灰皿
書き込んだ購入者(たぶん)は、どんな気持ちだったんだろうか?
当時は高級車だったから、やはり、ピカピカの新車が嬉しかったんだろうなぁ
などと妄想してみる。

灰皿に描かれた年式不明のビートルのイラストや
裏に書かれたメモ書き(?)などを見ていると、それなりに楽しい時間が過ごせる。
タバコを吸いながら、眺めているが さすがにこの灰皿は使えない(笑)
500円で買った灰皿を眺めて楽しく過ごせるんだから、俺もお手軽だと思う♪

それはそれとして、仕事しろよ 俺。

テスト前になると部屋を掃除したりとか
やらなきゃいけない仕事を前に外に出かけたりとか
身に覚えはありませんか?みなさん?

,

フロントフードを閉めようとしたら、ラッチが当たったらしく
皿状の部分が地面に落ちて転がった。

あ~ こーゆー壊れ方するの?

いや、すぐに走れなくなる部品じゃあないんで
ある程度、冷静?俺。
車庫の部品群にこの部品、保管してあったよなぁ
と思って、見たらすぐに発見できた。

のだが、問題があった。

以前、書類を紛失 失効させられた64年式のボディから剥いだ部品なのだが
このロック部分を外さずに塗装していたために、塗料で可動部がガチガチに固まっている。
まあ、動かんことは無いんだが、ロックを外すワイヤーに不必要な負担がかかる。
サビ止めに塗料を乗せるにしても、程度ってもんがある。
一度、塗料を剥離して考えようか と思った。んだけどね?
ネジの穴の数が違うよ?

え うちの壊れたロック部品はネジ4本で留めてある。

64年式の部品はネジ穴が3つ。

まあ、共用は出来るみたい。基本的に同じプレス部品だし。
しかし、64年以降、あえてネジを増やしたのかな?
3つじゃあ具合が悪かったのかね???
と、いう事は4本のネジで止めるロックを付けたほうが安全?

ネットでこの部品の販売価格を調べてみた。
2800円で販売されている。4本のネジで留めるタイプが。
…調べたらすぐに新品パーツが見つかるって すげぇよな。
さすが世界的国民車 だてに数が多いわけじゃあないぞ と♪

ついでにあちこち見てたら、同じ部品が中古で1000円 というのも発見。
ん~ 半額以下だし、力のかかる部品でもなし、中古でもいいよね?
との判断で購入決定(^^)

うちのの同じ4本ネジで留めるタイプ。
まあ基本的には同じだよね。違うのはネジ穴の数だけ。
なぜか、VWマークの付く付近の刻印を削り落とした形跡があるが
実用上、全く問題ないので気にしない♪
と、いうわけで、装着 修理完了。

フロントフードのラッチがうまく納まるように調整して固定。
ワイヤーが外れると泣き笑いするので、そこはガッチリと固定されたことを確認。
サビ止めにグリスを薄く塗り広げて作業終了。
30分弱の作業時間でした。

それはそれとして、ネジ穴3つのこの部品、いつからネジ穴が増えたんだろうね?
また、分からないことが出てきた。
こーゆー どーでもいいことを考察、検証してみるのも
楽しみの一つだと認識している。
いやいや マジで 部品を眺めつつ、思考を巡らすのも楽しいものだよ?

そして今回は使わなかった3本のネジで固定する部品は、また、しまっておく(^^)
いつか使うか 誰かに譲るかするだろうから、それまでに
「自称プロフェッショナル」が厚吹きした塗料を剥いで、ちゃんと動くようにしておこう。

,
夜に本業の作業をしていたら、ふと、思いついた。
タコメーターをバックミラーの位置に移動させたら、見やすくないか?
ミラーもネジ留めだから、ステーも一緒に留めて…
など妄想していたが、なかなか現実的な考えに思えた。

思いついたのが深夜2時過ぎだったので、明日、気が向いたらやってみよう
と、思って寝た。
まあ、そーゆー思いつきってのは、妙なエネルギーがあるもんだ。
7時に目覚めて、朝飯も食べずにビートルへ直行(笑)

車庫に残されてたステーに手ごろなのがあったので
コードの延長 位置の調整 などなどゴソゴソやってたら
予想以上に簡単に設置できた。 

バックミラーの上に「ゴンっ」と乗るタコメーター
やたらと存在感がある(笑) バイザーに干渉することも無く
視界も妨げない。

悪くは無いのだが、Aピラーに這う赤いコードが悪目立ちする。
これは、さすがに何とかしないとねぇ。
運転に支障はないんだが、雰囲気を損なう ってかぶち壊し(^^;)

運転席に座って、確認して見ると、視線を下に動かすよりも見やすいような気がする。
ある程度の距離を走ってみないと判断できない部分もあるが、後方確認のたびに
強制的に目に入りそうな位置だから設置場所としては悪くないかも。

悪くないかも だが しかし
なんかねぇ 雰囲気が…レーシー?スパルタンってのも違うような気がするが
どーも 田舎道をトコトコとのんびり走るお気楽ビートルってイメージじゃあない。
いや、他の人のビートルは知らない。
呑山のマルガリータは、レースとか 峠を攻める とか
そーゆーのとは無縁だから。 走行技量がそもそも無いから。
…やはり、タコメーターそのものを取っ払っちまうか…?

せっかくだから、このまましばらくは公道を走って様子を見てみるけどさ。
失敗した感じ…(^^;)
もっと慎重に考えるべきだわなぁ 俺は。
そうそう、思いつきで交換した運転席側のミラーも元の角型に戻した。
日替わりで交換してどーする とも思ったが、やはり自分で運転する分には
丸いミラーより 四角いミラーのほうが好きだわ 俺。

んで、休日恒例の洗車♪
これから雨の日も多くなりそうだし、洗うの好きだし。
ざっと洗って、開く場所は全て開いて風を通す。

角度を変えて斜め上から見下ろして見ると…
オモチャみたい(笑)
まあ、1分の1スケールのオモチャ感覚で付き合っている事は否定しない(^^)
,
,

,

車庫の中にしまいこんである部品を確認していたら
サイドミラーばかり、4本も確認できた。

車両本体に装着しているものを含めると3セット。
…まあ、あれだな?
不必要なものは捨てろ と言われても
言い訳できない状態ではある。

それぞれに形状や刻印が違って面白いんだよ?
とかいうのはマニアのたわごとで、興味の無い人にとっては
邪魔なゴミにしか見えないわなぁ…(^^;)
かく言う呑山本人も、支柱の断面が四角のものと
丸いものとの年式や製造会社の違いは分からない。
詳しい人に言わせると、面白いウンチクも聞けるのだろうと思う。
ネットで検索してみたが、違いを解説しているようなサイトには
辿り着けなかった。

じゃあ、捨てるか ってことは無いわ。もちろん(笑)
家族に見つからないように、車庫の奥のダンボールにしまい込んで
隠しました(^^)
あれだ、食べきれないエサを埋めて隠しているリスと行動が同じ。

ちょっと、気が向いたので運転席側の四角いミラーを
丸いミラーに交換して遊んでみた。

…左右のミラーがともに丸くなると、なんかアメリカっぽい…
左右不対象なミラーの形状が大好きなのだけれど、
これはこれで嫌いじゃあない。
ってかビートルなら何でもいい?

妹のジムニーもクラッチ板の交換から帰ってきていたので
並べてあちこち油を差す。
運転席側の窓を開閉させるクランクハンドルが硬い とか
室内が前オーナーの化粧品の臭いが染み付いて臭い とか
いろいろ言っていたのでその処置もやっておいた。

…忘れていたが、フロントアクセルチューブへのグリスアップ
ここしばらく、やってないなぁ…。
むぅ…これはいかん…
無理やりにでも時間を作って、作業する必要がある。
…というか、作業を言い訳に遊びたい(笑)

三角窓に付いているブルーの三角っぽいものは何ですか?
という質問を戴いたので、この機会にちょいと解説…(^^)
.
.
ベンティーズってらいしいけど、これ、当然のように
リプロダクト っつーか 複製されたパチモノ。
当時モノは高いもん プレミアムついて。

いや、もらい物だから、買ったわけじゃあないけどさ(笑)

わりと、ポピュラーなアクセサリーパーツなんだが
あまり装着している例を知らない。
ルーフキャリアとか 花瓶とか ハンドルカバーとかな?
実用性も高くて付けてるとカッチョええ ってパーツも多いけどね。
このパーツは、ちょいビミョー…(^^;)

一度だけ、このパーツをつけてるオーナーさんと話したことがあるけど

運転するときに邪魔っぽい とか

付けてても効果があるんだか 無いんだか とか

あまりいい評価は聞けなかった。
もちろん、反論できるだけの材料も無い(笑)

業界の大手 FLAT4のホームページでは
以下のように解説されている。

”””””””””””””””””””””””””””””””””
VINTAGEベンティーズは、’50~’60年代にかけて販売されていた当時のオプションパーツのリプロダクションで、プラスチック製のカラードベンティーズです。三角窓からの空気の流れを調整し、雨天時にフロントグラスの窓の曇りを取り除き、取付けも簡単で三角窓に挟み込むだけです。三角窓が装備されている全年式に取付けできます。
”””””””””””””””””””””””””””””””””

…………窓の曇りに関しては、こまめに曇り止めを吹き付けて
タオルで拭いているから走行中に曇ることは無いし。
ほとんど。
たまに曇っても、すぐに拭いちゃうかならなぁ…。
効果を実感できたことは無い(笑)

じゃあ 何で付けてるの?と言われれば
貰ったものだし 置いといてもしょーがないじゃん?
あるものは使わないと…ねぇ?

くらいの感覚(^^)

アクセサリー って感覚が一番近い。
ボディカラーが白に近いベージュだから、青よりも
クロームとか クリアーとかが宜しかろう と思うが青を付けている。
繰り返すが、もらい物だから。
.
.
.
.
で、実際に付けてみて感じたことだが
「運転するときに邪魔っぽい」
という意見に同意(^^)
もちろん、呑山は安全運転最優先だから。
我が愛しのマルガリータ2世号に傷なんぞ付けたくないからね?
アクセサリーで飾ってやりたい でも視界を妨げるのはダメっ!
ってことで、取り付け位置を変更してます。

全体はこんな感じ…小さいアクセサリーだから
目立たないし コレがあると引き締まって見える などということは無い♪

運転席から見るとこう見える

助手席側はこんな感じ

視界を妨げる というほどでは無いが、慣れないと気になるかも?
問題は 「正しい位置」に取り付けた時。

三角窓の下の方に取り付けるのが「正解」らしい。
…のだが この位置だとサイドミラーのジャマになる。

運転席側のミラーは こーゆー感じ。
そうでなくても小さなミラーが半分くらい、隠れてしまう。

助手席側は、ミラーに写り込むくらいで問題は無い。

あれだ、このアクセサリー 運転席側のサイドミラーの取りつけ義務の無い国
もしくは、そういう時代のアクセサリーじゃあないかな?
クリアパーツならまだしも、ステンレス製のものもあるし。
ミラーを覆い隠すようなアクセサリーは、発売しないんじゃあないかな?

…いや アメリカだと運転席側にミラーをつけて
助手席側には付いてなかったか??
ヨーロッパだと逆とか?
…んなこたぁ、なさそうだけど…

サイドミラーを見る必要なし と割り切った(?)アクセサリー?

それもなんか妙だなぁ…????

よく分からん…(^^;)

というわけで、よく分からんまま 呑山は三角窓の上のほうにずらして
このカラードベンティーズを装着してます。
個人的に三角窓大好きだしね。運転していて視界に入る所だし。
ちょっとしたアクセサリーが付いている というのが嬉しいんだわ♪

妹の使っていたジムニーは、十数年頑張ってくれたが
エンジンからの異音が激しくなり、ついに買い替えとなった。
まあ、数年前に異音が確認できた時点で修理屋に持ち込み
点検と修理を依頼したのだが、音はしてるが異常はない
ということで、妹は納得してしまっていた。

呑山は 異音がしていて問題ないという事はなかろう
異常があるから音がしてるんだ

と、主張していたが、妹は修理屋の意見に従っていた。
…まあ、結果はエンジンを載せ替える以外に修理不能
ということになったので、通勤用に似た年式のジムニーを買うことになった。

女性オーナーが通勤かなにかに使っていたらしく
ジムニーにしてはキレイな極上ボディ♪
室内もキレイだし、少々の錆意外は車体下にも擦ったり
ぶつけたような様子は見れない。
ただし、クラッチペダルから脚を離さずに運転するタイプのオーナーだったらしく
クラッチ板は磨り減ってズルズル… 要するにまともに加速できなくなったので
売りに出してたらしい。

っていうか、クラッチ板さえ交換するなら、悪くない車体 ということみたい。
部品代やら工賃やら込みで4万円でクラッチ板の交換を済ます
という条件で購入を決定。
基本的に妹の通勤用なので、呑山が乗るわけではないが
カッチリした良いクルマなので、長く、大切に乗ってほしいものだ♪
中古車屋を探したり、選定から交渉まで押し付けられたんだから
長く乗ってもらわんと努力が報われんだろう?なぁ?





で、ビートルの方はと言うと…

まずは 先週、キャブレタークリーナーを使ったのだが
低速での吹けが良くなった…ような気がする…(^^)
主観的なものでデータは出せんのだが、毎日通勤に使っているのだから
そう外れた感想でもあるまい?

オイル汚れに関しては、その後、進展なし。
ゲージでチェックしてみても減っている様子は無し。
軍手で拭い取った汚れは、そのままで新たに油が滲んだり
飛び散った様子は確認できない。

…もうしばらく、様子を見てみようと思う。

ワックス替わりのシュアラスター ゼロクリーナーだが
こちらのほうは雨が降ったときに効果が確認できた。
なんか、水をはじいているような感じ…というか
ドアやフロントフードは水滴がスルスルと流れ落ちる感じ。

ああ、効果があるんだなぁ と実感。
コーティング剤としての効果って、比較してないのでよーわからんのだが(笑)
どちらにしても、簡単だしね?繰り返し使ってナンボ
って聞いたので、継続してみましょう♪

本日、2回目の使用だが ボディ表面が
ツヤツヤ ツルツルな感触が増した……ような気がする(笑)
まあ、気は心ですよ♪…違うか?

昨日の日曜日は、ちょいと用事を言いつけられて
外出していたのだが、そのときにホームセンターに寄って
買い物をしてきた。

キャブレタークリーナー
980円

水抜き剤
120円×3本

シュアラスター ゼロクリーナー
1800円

…くらいの値段だったと思ったが…まあ、だいたいこんな値段?
よく覚えてない 他の買い物と一緒に済ましたんでねぇ。
で、今日は月曜日だが、アルバイトが休みだったんで、朝から
キャブレターの清掃をしようか と♪

で、キャブレターのエアフィルターを外すべく、エンジンを見たんだが
あちこちに油汚れが確認できた。
…先週、洗車したときにエンジン周辺はタオルで油汚れを拭った筈だが…
一週間で油染みができたってことだよな? ヤバイんじゃあないか?これ?

まあ、よくわからんので、とりあえずキャブレターにクリーナーを吹きかけて
清掃に入る。
「白い煙が出なくなるまでエンジンを回して様子をみる」
というのがお約束なのだが 真っ黒い煙が出た(^^;)
…やっぱ ヤバイんじゃあないか?これ?…

早いうちにショップで見てもらう必要があるよなぁ
呑山はこういうときに対処できる知識が無いんだわ。情けないことに。

とりあえず、エンジン周辺の油汚れは、軍手をはめた手を突っ込んで
タオルと軍手で拭き取り。
霧吹きで油を吹いたように、あちこちに油が飛んでいた。
どこからその油がきたのか、注意してみたがよく分からん…(T T)

黄砂やら埃やらで薄汚れて埃っぽかったんで
また、洗車♪
というか、前回の洗車で液状ワックスを使い切っていたので
昨日購入した「ゼロウォーター」というものを試したかったんだわ。
水洗いした後、水滴の付いたままのボディに直接スプレー。
タオルで拭き取る という簡単な手順だったしラクだったけどね?

あまり効果は実感出来なかった(^^;)

固形ワックスとかって、作業はたいへんだけど
磨いた~ って目で見て実感できるっしょ?
この「ゼロウォーター」って、水洗いしたまんまと、あまり変わりが無い。
まあ、塗装が劣化しているってのもあるだろうし
繰り返し使ってこそ効果がある って話も聞くので
今回購入した物を使い切るまで様子を見てみようかねぇ…。

室内も簡単に掃除機をかけて、全開にして放置。
風を通してタバコの臭いや湿気を追い出そう という魂胆なわけだ。
どれほど効果があるか知らんが、気持ちの問題?

このままドライブにでも出かけたいところではあるが
そこはそれ アルバイトは休みでも本業の造型作業はしなきゃあならんわけだ。
午前中の洗車を済ませたら、昼飯にインスタントラーメン食って
午後は造型作業です。
天気もいいし ドライブ日和なんだけどなぁ…。

未練たらたら(笑)