趣味の総合サイト ホビダス
 

» 2011 » 11月 » 24のブログ記事

 

バッテリーの交換をした。
元々、中古車としてウチにきたときから積んでいたバッテリーだから
2年以上、使用していたわけだが、それ以前、
いつ購入したものか分からない。
夏ごろから、充電はされている筈なのにエンジン始動時に
パワーが足りないような気がしてはいた。

こまめにチェックしていたが、最近は特に
キーを捻っても「かろうじて」始動できる という程度に能力が落ちてきた。
そろそろ変え時だよなぁ と思っていたが、日曜日の朝
エンジンを始動しようとしたが、セルモーターが動かない という状態。


画像は頑張ってくれていた欧州車用バッテリー

…もっと早く交換すべきだった が 家の前の坂道を転がして
押し掛けするとエンジンはかかったので、そのまま修理屋さんへ♪
急ぎの用事のある日でなくてよかった(^^)

向かったのは、いつもの「KEISON’S」さん。
お店にあった在庫のバッテリーを乗せてもらい、これで安心♪

…ツケだけどな 1万5千円。
いや、ヒーターの件もな?ヒートエクスチェンジャー。
中古で片側5千円 両側で1万円のものがあった ということだったので
仕入れてもらうように頼んでいたんだわ。
そのことがあったので、バッテリーは後回しにしていたんだが
先に逝ってしまったねぇ。バッテリーが。

充電して騙し騙し使えば、もう少しもつかも?とは思ったが
いよいよ寒くなるこの季節、バッテリーには辛かろう?
通勤しようとエンジン始動して 動きません じゃあ、具合が悪い。
財布にはつらいが、この機会に新品を購入することにした。

っつーか、買わざるをえなかった(T T)

国産品で純正に比べると背が高いが、欧州車用のバッテリーよりも
性能的には上?なのか?よく分からんが…。
まあ、機能的には安心できるよね。

どーでもいいが、ビートルのバッテリーは後部座席の下にある。
やたらと重い部品だから、運転席の反対側に配置してバランスをとっている
と、聞いたことがあるが、日本使用の右ハンドルでも設置位置は同じ。
運転者の体重と重いバッテリーが右側に偏る仕様だと、問題がある とか
聞いたことが無いが、そこらへんは、どーなんだろう?