趣味の総合サイト ホビダス
 

» 2011 » 9月 » 29のブログ記事

 

今回、修理おお願いしたのは近所にある
「KEISON’S」さん。
ウチから10分くらいの距離なんだが
お世話になるのは2010年の1月以来。

だいぶ、ご無沙汰していたねぇ(^^;)

エンジンが止まってから3日ほどたつが、本日
ようやく診断を受けることができた。
しばらく見てもらうと、予想通り
ガソリンがエンジンに供給されていないことが原因。

ならば、原因はフィルターか
ポンプか
ホースの詰まりか

と、見ていたら、電磁ポンプが全く動いていないことが判明。
壊れたのか?旧い部品だから寿命か?
と、思ったのだが、原因は別のところにあった。

電磁ポンプに電気を供給する配線が、外れていたのが原因と判明。
外れた端子を接続しなおすと、あっけなくエンジン始動。

…………orz…………

原因さえ分かれば、3分もかからない処置だった。
さんざん悩んだ、あの時間はなんだったんだかねぇ。

それはそれとして

問題は外れていた配線。
宮崎県の中古車屋で見たときから、あきれるほど乱雑だった箇所。
画像は車両を見に行った時の記録撮影。

2009年12月5日撮影。

納車直後、ウインカーが付かない というトラブルがあったが
原因はこのデタラメな配線にあった。
むき出しの端子がボディに触れてショートしていたのだ。

それ以外にも何かに繋いでいた配線を途中でカット
そのまま放置していたために、不必要な線がやたらと多く残されていた。
ガソリンタンクの上で漏電して溜まった埃を焦がしていた形跡もあり
怖かったので出来る限り、不必要な線は排除したのだ。

画像は2010年6月23日の状態。

その後も、端子の接触不良による小さなトラブルは多々あったが
その都度、繋ぎ直したり、配線をやり直したりして対処してきた。

ダッシュボード裏 トランクルームの中はボチボチと対処してたんだけど
その先、電磁ポンプに繋がる線とかは見てなかった(T T)

…チェックすべきだったよなぁ…

「KEISON’S」さんには、配線の再チェックをお願いして
そのまま代車で帰宅したのだが、ついでに、と
ハザードが使えるよう、接続も頼んできた。

まあ、大事にならずに済んでよかったね と。
そう思わんと悲しくなるじゃあないか?なぁ?
3分に満たない作業で直るトラブルに、数時間 振り回された身としては。