趣味の総合サイト ホビダス
 

» 2011 » 9月 » 23のブログ記事

センタートンネルバスケットについて、質問が来てましたね。
わりとポピュラーなパーツですが、使ったことのない人には
使い勝手って気になるよな?

そこで、今回はセンタートンネルバスケットと
ドリンクホルダについての内容です。

何を隠そう、隠す気もないが、呑山がビートルを購入して
保険の手続きを済ませ、公道を走れるようになってすぐに
購入したのがこのパーツ(笑)
以前、乗っていた68年式 マルガリータ1世号で、収納が少ないことは知ってたし
なんか便利そうなんで、買おうと決めていたんだわ。これ。

68年式の後に乗っていた
マツダのシャンテ
ホンダのビート
VWのゴルフⅢ
それぞれが、ダッシュボードが完成されすぎていて
後付けのドリンクホルダを付けにくい ということもあった。
憧れていたのですよ(笑)運転中に飲み物を飲める というクルマに(笑)

小物は置けるわ 飲み物は置けるわ 便利だなぁ
と思っていたのだが、使ってみると、ドリンクホルダとしては
ちょっと、使いづらい ということに気が付いた。
いや、小物入れとしては便利なんだよ?
だから、今でも使ってるんだわ。これ。

画像を見ていただければ分かるとおり、シフトの前に設置します。
しかも、位置が低い。
運転席に座っていたら、前かがみにならないと手が届かないんです。
信号待ちとか 停車中なら何も問題は無い。
ところが、運転中となると、これが少々、使いにくい…(T T)

元々、ビートルのシフトは、少し、遠い。
その向こう側にあるんですなぁ 飲み物が。
パーセルシェルフ オーディオが付いているから、これらがさらに
使いづらさを増している。
ほんとうに、ちょっとした微妙な距離なんですが
運転中には気になる位置なんですねぇ…。
体格や座席位置にもよるので、一概には言えないと思うけどね。
呑山の場合は、そう思った ってことですわ。

そいういう理由で、ドリンクホルダとしては使用してません。
小物入れとして使ってますが、飲み物を保持するリングは
窓の曇り止めスプレーやら
サングラスケースを立てて置くのに便利♪

あと、これは左ハンドル専用?
左右不対象なんですなぁ。

センタートンネルに設置すると、左ハンドルの呑山のクルマなら
脚に干渉することもなく 問題はないのですが
右ハンドルの場合、クラッチを踏む左足に引っかかるらしいです。
だから、前後逆に付けるらしいのですが、そうなると
飲み物は数センチ、遠くに置かれる事になります。

試しに74年式(右ハンドル)のビートルに付けてみた。
御覧のように、右に少し、はみ出ます。

左右逆にしてつけると、脚に触れる心配はなさそう。

この状態だと、何も問題なく使用できるようですが

パーセルシェルフとか、オーディ クーラーなどをつけていると
すげぇ使いづらいのではないかと思います。

これをシフトノブの前ではなく、後部座席のほうに付けている例も、
見かけたことがあります。
これが、なかなか具合いい と聞きますが
呑山はこの位置で使用感を試したことがないので
実際に使っている方々にお話しを伺いたいところですね…。

では、憧れの(笑)ドリンクホルダをどうするか?
という問題ですが、一番、安易な方法に逃げました…(^^;)
グローブボックスの蓋の裏側に、両面テープで貼り付けています。

普通の缶ジュースはもちろん、紙パックでも保持できる優れもの♪
ただ、助手席側は、グローブBOXのラッチがホルダの開閉の邪魔になったので、干渉しないよう、一部を削り取って使っています。

このサイズの市販ドリンクホルダだと、蓋の開け閉めにも支障はなく
グローブBOXもふつうに使えるので重宝してます。
とはいえ、やはり、グローブBOXの容積は小さくなりますが、その容積は
バスケット型の小物入れで補っています。

ビートルオーナーの方々は、雰囲気を壊したくない と
オーディオやカーナビをグローブBOXの中に
入れてしまってる人も多いですよね。
蓋を閉じればノーマルのシンプルな運転席。
蓋を開けると、便利な近代装備が姿を現す というのも
なにやら魅力のある装備方法です(^^)

こういうオーナーさんが工夫していたのですが、
呑山と似たようなタイプのドリンクホルダ、
この裏側に磁石を接着剤で貼り付けて、使うときだけ
グローブBOXの裏側に貼り付ける… という技を見せていただきました。

両面テープよりも、融通がききますねぇ…。
ホームセンターなどの工具・自動車用品コーナーで磁石つきの
小皿を見かけますがこの磁石を剥ぎ取って、
ドリンクホルダの裏側に接着した とのこと。
元がネジやドライバーを固定できるほどの強さを持つ磁石ですから
強力に固定できそう。

現状は画像のとおりで、使用していて重宝しますが
まだまだ、工夫の余地はありそうです♪