趣味の総合サイト ホビダス
 

» 2011 » 2月のブログ記事

福岡は日曜、月曜ともに天候は悪いらしい。
月曜はアルバイトが休みなので、洗車したかったんだけどね。
雨が降る中、洗車はないよなぁ?

画像は土曜日に撮影したもの。
気のせいか、空の色が冬の色じゃあなくなってきたと思う。
これから、だんだん、暖かくなるよね。
ドライブも楽しい♪

というか、ヒーターの不調が気にならなくなる季節(笑)

アルバイトが休み となると、本業に集中したいところだが
家で作業していると、いろいろと用事を言い付けられる。

と、いうことで近所での用事を済ませコンビニに寄ったのだが
真っ赤なニュービートルが停まっていた。
空冷だ水冷だと違いは多いが、丸いデザインは好きだな
個人的に♪ 

イメージ優先でデザインされた水冷ビートルと
必要に応じて成り行きで形状が落ち着いた空冷ビートル
並んでみると、言われるほど似てない。

とはいえ、後継車種だしね 名前にも形状にも
親近感はある(^^)

…そういえば、ここのところ、運転と言えば通勤ばかり。
通勤コースから外れた道を久しぶりに走った気がする。

今日はアルバイトもお休みだし、朝から天候もいいし
さあ、こういう日はマルガリータを軽く洗って
三角窓から入る冷気を楽しみつつドライブだぁ♪

と、言いたいところだが、アルバイトが休みなら休みなりに
本業を進めないといけないわけだ。

せっかく、いい天気なのにねぇ…(T T)

先日、友人が呑山のパソコンの中身を覗いていて
ビートルと女性が並んだ画像がやたらと多い と言っていた。

ん? 男性のパソコンの中に女性画像が多いのは不自然じゃあるまい?
ビートルも好きだし 女性も好きだし 好きなものが並んでいる画像は
見ていて楽しくないか?
というのが呑山の反応だったのだが

そういう性癖は理解できない…

と言われた(笑) 性癖なのか?これ?

裸の画像を集めているほうが理解しやすい とも言われたが
特殊な趣味 なのかね?
カーショーで撮影された水着美人とビートル という取り合わせも多いが
撮影の小道具としてビートルが使われた写真も多い。
テレビのドラマやCMで空冷エンジンを積んだクルマが出てくると
目ざとく見つけるんだけど、そーゆー感覚、共感を求めるのは難しいか?

…まあ 性癖と言われれば そうなのかもしれない…(^^;)

それはそうと、現実にビートルに乗っていると、同乗を嫌がられる例も
まま ある。
うるさいとか 暑いとか寒いとか
遅いとか速いとか まあ、嫌がれる理由には事欠かない。
クーラーもないし ヒーターも効かないし
快適な室内環境ではないのは、オーナーが熟知している。
それらを理由に買い替えを迫る家族の存在は鬱陶しいものだ。
血縁者ですら、そうなのだから、普通に付き合う知人にすれば
同乗を嫌がるのも無理はないよねぇ(笑)

しかし、そのボロいクルマを愛しているオーナーにしてみれば
一緒に、その音や暑さ寒さを楽しめる友人や恋人が理想ではあろう。

ガタピシいう音と 後から聞こえてくるエンジン音を楽しみ
三角窓から入ってくる季節の匂いを共感できれば、
最高に楽しいドライブになる。
旧車のオーナーにとって ね(^^;)

まあ、ないものねだりをする年ではない。
絵に描いた餅が食えないのは知っている。
だからこそ、趣味性の高い自動車雑誌には、絵に描いた餅が
グラビアとして誌面を飾っているのではないか?

美女と愛車と楽しい時間 特殊なクルマを好きになってしまった
孤独な男たちの夢を画像にした というと酷いかね?
そういう解釈をしてしまう経験を積んできた呑山が
一番、情けないんだろうなぁ(笑)

ボチボチと体調を整えつつ、アルバイトに勤しんでいるのだが
昨日の10時頃から、雪が降り出した。
職場は交通量の少ない山の中腹にあるので、雪が積もると
閉じ込められていまうような環境にある。
呑山のアルバイト先は、そういう事情で雪が降ると
遅刻 早退は許容されるのだ(^^)
これなくなるし 帰れなくなるからね。
職場の大多数は、お昼に早退。
呑山は15時までの勤務が予定されていたので
15時ぎりぎりまで勤めたが、雪はズンズン積もり
運転にはいつも以上の注意を強いられた。
凍結しているならまだしも、雪が積もっただけなら
FFの現代車よりも、RRのビートルのほうが
坂道の上り下りには有利なのが実感できる。

職場の駐車場を出たときには、たいした雪でもなかったが
帰宅する頃には吹雪とも言えるような勢いで風と雪が舞っていた。
車高の低いクルマは雪に阻まれるくらい、積もったのだが
我が愛しのマルガリータは特に問題なし。
…ヒーター以外はね(笑)
窓ガラスの曇り防止に三角窓を開けて運転していたりするので
気温だけでなく、運転中に巻き込む冷気が
ハンドルを握る手を直撃して、とても寒い。
ブラジル製ヒートエクスチェンジャー ダメだわ。
寒国の北欧デンマーク製DANSK社のヒートイクスチェンジャー
取り付け工賃コミで4万円ほど…。
ドイツ製でもお値段はそれほど違わないので、つけるなら
デンマーク製だよな。
部品代だけなら3万3千円
メキシコ製なら2万4千円だが、ブラジル製と同じく
ヒーターの効きは期待できない。
毎日の通勤のたびに、思うことなので マジで夢に見る改修点だが
実現するのは早くても夏頃になりそう…(^^;)
むぅ…頑張って、稼がんとのぅ…。

あと数時間でWFが開催されるわけだが
呑山は会場から離れた福岡で弱っています…(笑)

ここのところ、体調が優れなかったので、空港に行く前に病院で検査をうけ
薬でももらってから出かけよう と考えてました。

診断はノロウィルスの感染による嘔吐・下痢。
他人に迷惑をかけるのは必至なので
羽田行きは断念。
せっかく準備してたのに~!!
画像は展示予定だった魔法使いの夜 の久遠寺有珠

製作中はバランスに悩んだが、色が付いてみると
思いのほか纏まっていて嬉しい♪

ADAC所属

| 働くVW | | 2件のコメント

先日、家族の事故で現場に呼ばれて
レスキューの真似事を強いられたが、画像は本物(笑)

ADAC(アー・デー・アー・ツェー、Allgemeiner Deutscher Automobil-Club e.V.)
本部をミュンヘンに置くドイツの自動車ドライバーをサポートする組織。
会員数約1,500万人の、ヨーロッパ最大の自動車連盟。

日本自動車連盟(JAF)みたいな組織だね。
LET’S PLAY VWs vol.36 で紹介されていたのを見て
気になったのでネットで画像を探してみた。

探してみると、意外に簡単に見つかるのだが
ほとんど読めない海外サイトなので絵で楽しむだけだぁねぇ。
とはいえ、雑誌とは違う角度から撮影された画像も
見ていて楽しい♪

黄色いボディはテキトーに間抜けで テキトーに頼もしい(^^)
同じデザインでも、この力の抜け具合は丸いボディをもった
ビートルならでは だと思う。

異論もあるだろうけどね。

ドイツ消防隊の赤いビートルも目を引いたが
ロードサービスの黄色いビートルも存在感では負けてない♪
フロントフードの大きなADACのロゴもカッコいい♪

バッテリージャンプ用のソケットは、
ロードサービス専用っぽい感じでいーよねぇ♪

FMラジオと連絡用無線機。
見慣れた室内にマイクが装備されているのだが
子供の頃、こーゆーマイクで話す姿がカッコよく見えたもんです。

牽引作業用のサブフレーム。
バンパーに紐をかけて曲げたことがあるぞ?俺(^^;)
こーゆー装備は、自分のビートルにも欲しいかな…。
便利そうじゃん? 引かれる機会の方が多いかね??