趣味の総合サイト ホビダス
 

詳細不明!
ネットで見つけた。

どうやらドイツ連邦の軍用車両らしい。
詳細は不明だけど。

見たところ、車体はノーマルっぽいね。
リフトアップもしてないし。
軍用としても使用目的がよく分からない。
赤十字マークが見れるから医療班のクルマかな?
怪我人の搬送には使えないよねぇ…ビートルじゃあ。

軍用としては、KDF時代のスプリットとか、タイプ2のアーリー レイトなどの積載能力に優れた車両。
それ以外だとキューベルやシュビムなどに代表されるボディそのものを載せ替えた例が多い。
タイプ2ベースを例外として、そのほとんどは1950年代までの話。
当然ながらビートルをベースにする場合、人員輸送には使えないし、積載能力も優れているとは言えない。
40年代~50年代ならまだしも、60年代以降になると軍用として転用するに都合のいい車両が他に多かったからだ。
画像のビートルは少なくとも70年代後半のモデルと推察される。
1975年以降、ビートルが軍用として使われる使用目的が思いつかないのだ。個人的には。

個人がシャレで塗った個体だったら、大笑いだけど。
それはそれで、完成度が高いよね コレ。
以前、自衛隊員に聞いた話だが、時代遅れの古いクルマも大切に使うのが自衛隊では当然 と聞いた。
税金で経費をまかなう事 政治的な事 機械としての信頼性と部品供給など
その理由はいろいろあるが、優先されない車両などの場合、買い換えてもらえない らしい。
また、整備部隊の教習用として民間では考えられないくらいの整備がされる。
不必要なほど丁寧なメンテナンスをこまめにうけている車両は、当然、長持ちもするし程度もいい。
それらは整備部隊の訓練の一環として整備され、広い基地内での移動や 部隊間での連絡、移動などに使われる とのこと。
旧西ドイツでも似たような状況だったとしたら、ビートルが使われていた
という環境も考えられなくもない。
信頼性と部品供給に関しては折り紙つきだし、単純な構造は新兵の教育用に適していたかもしれない。
冷戦の真っ只中だった時代背景を考えると、まさに、優先されない車両 として買い替えの対象にならず、予算が下りない
というのも納得できる。
マフラーパイプは2本あるが、シートを見ると77年型以降にも見える。
情けないが年式も不明。
使用目的も不明。
本物か否かも不明。

誰か、詳しいことを知っている方がいたら、情報をお願いいたします。
教えて!エロい人!

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする