趣味の総合サイト ホビダス
 

» 2011 » 1月 » 04のブログ記事

ステアリング と言うよりもハンドル
と言ったほうが馴染みがある…という話ではなく
古いハンドルの再生の過程。

画像は先代のマルガリータに付いてきた
純正のもの。
社外品の安そうなハンドルに交換されていたが
純正品もおまけで付いてきた。

ヒビが入ったり所々欠けてたりしたが、先代に乗れなくなっても
捨てずに保管しておいた。
例によって、家族からはゴミ扱いされていたが
それも当然 埃まみれでヒビの入ったハンドルなんぞ
誰が見てもゴミだろう。
で、そのゴミの欠けた部分は硬質プラスチックで補充し
ヒビも埋めて形を整えた。
古い塗装ははがして下地を出し、きれいに形成中。
これも、いつかビートルを手に入れたら… と
チマチマと補修していたのだが、やっと下地処理の
白いサーフェイサーを吹けるところまで作業が進んだ。

どーでもいいが、FLAT4でリプレイスメント品を購入すると
29,500円。
欠けた部分を形成して表面処理をする手間を考えると、
新品で購入したほうが合理的。
ってか、思い入れがあるからやってるが、他人から頼まれたら
お断りするぞ? スゲェ.、手間がかかる。
特に裏側の微妙な突起の部分。
運転中に指がかかるので雑な仕上げだと気になるだろう。
ひとつ ひとつと、紙やすりで磨いて仕上げていくのは
仕事で表面処理に慣れていても、肩がこる。
そーゆーわけで 仕上がりはいつになることやら…。
作業の合間に、ボチボチと、磨いてます。