趣味の総合サイト ホビダス
 

24日はうちのハルナを獣医に連れて行く日であった。
犬専用後部座席は、足場が安定したらしく転倒を防ぐことが出来たので
まずまずの結果。

それはそれとして、強度には問題があり、一部が壊れたので
補強する必要がある。
また、転倒はしなかったものの、運転席との仕切りが低くなったので
運転席にちょっかいを出してくる。 これは危ない。

修理、補強、改良など やることが多い。

犬専用後部座席の完成には、もう少し時間が必要なようだ。
で、ハルナの検診は組織細胞の検査だったのだが
正確な結果が出るのはしばらく先。
獣医の経験から、骨肉腫の疑いは濃厚 とのことらしい。
当分、獣医に通う機会が多かろうと思われる。
この先、検査のために切開した傷口の経過、治療
必要なら後ろ足の切断
その後の治療 癌の再発がないかどうかの定期的な診察
などなど 

当事者のハルナ (♂ 年齢不明)
こいつは事情を分かっているのか 分かっていないのか
いたって元気で食欲も旺盛。
最初はクルマを怖がっていたが、最近は車内で甘えてくる余裕が出てきた。

脚の切断は出来るなら中止したいが、癌だと結果が出たら
転移する前に切るしか方法はないらしい。
また、大腿骨が一部、溶けているので元のとおり
走るのは絶望のようだ。

それでも、元気いっぱい よく食べて よく遊ぶ。

残念ながら呑山に出来ることは少ないので、せめて、移動が快適になるよう
安心して座れる専用座席を完成させてやりたい。
ここ数日、急に涼しくなってきたので、熱中症の心配はしなくて良いだろう。
問題は、ヒーターが効かないままだ、ということ。
人間は服を着込めばいいとして、手術を繰り返して体力を奪われる犬には
凍える寒さでの移動は辛かろうと思う。

本格的に寒くなる前に、このヒーターの問題も解決したいところではある。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする