趣味の総合サイト ホビダス
 

» 2010 » 8月 » 16のブログ記事

元々、黒いバックミラーが付いていた。
これが、ブラジルのオリジナルなのか
元のオーナーが付け替えたものか
詳細は不明だ。

ビンテージモデルの室内には
無駄にピカピカ輝くメッキの施された
バックミラーが装備されている画像を
よく、見かける。

なんか、こーゆー無駄なところが
時代を感じさせて い~じゃあないか♪

運転してて、つねに視界に入る場所だし
こういう雰囲気は大切にしたいと思う。
幸いにも、ビートルを手に入れたら、装着しよう
と、思っていたメッキのバックミラーが手元にあったので
付け替えてみた。

元の黒いバックミラーが劣化していたので
気分も一新! って感じ?
雰囲気はいいけど、安全に関わる場所だけに
問題があるようなら元に戻そうと、最近は様子を見ていたのだが
特に問題はないようなので、良しとしよう。

どーでもいいと言えば、どーでもいい部分だけどさ。

現在の自動車のように、夜間の後続車のライトの眩しさを低減するため
反射率を低くさせるコーティングがなされていたり
ノブを動かして切り換える手動式防眩ミラーなんぞ、そんな機能は無い。
単なる鏡だわな。自動車に装着できる鏡。 ただ、それだけ。
それをカバーするために、半透明のサングラスのようなプラスチックカバーが当時
社外品で売られていたらしい。 それも一緒に装備してみた♪

とか言うと、当時ものの貴重品 って感じがするのだがね。
ミラーには MADE IN TAIWAN とか刻印されてるし
プラスチックカバーにいたっては、どこの製品か分からないコピー品(笑)

すいぶん前に、商売物のガレージキットと交換したリプロ品だ。
ま、黙ってたら、分からんだろう 多分。
ココでバラしたら意味ないか…。
このプラスチックのカバーは夜間走行中
後続車のライトがまぶしい時に、カパッと下ろすのだが
実際に使ってみると効果的で便利がいい。

単純な構造なだけに、壊れる心配もなさそう。
まあ、あれだ
これを装備したからといって、早く走れるわけでもないし
燃費が良くなるわけでもない。
 
それっぽい気分が味わえる それだけの話。
他人から見たら意味の無い改修だけどね。
それはそれで 楽しい部品交換なのです。

車庫の中にしまっおいたアイブロウを装着してみた。
下の画像が装着前。

流れるような曲線をヘッドライトカバーとフェンダーが構成している。
個人的にはこーゆー曲線が好き♪
で、装着後が、下の画像。

眠そうな とか 色っぽい とか
評価は人それぞれだし、好き嫌いも分かれるパーツだが
ある意味、表情が豊かになるのは確か。

6Vにも12Vにも装着可能だし、ニュービートルのパーツにも
似たようなパーツが用意されているところを見ると、人気があるのだろう。
これはFLAT-4から出ているリプロ品の中古。

マルガリータの前オーナーが購入しただけで
装着せずに保管しておいたらしい。
純正の部品や交換用ゴム部品と一緒に、中古車屋さんから渡されたものだ。

画像では分かりにくいが、こだわった作りの逸品である。
あちこちから似たようなリプロ品が出ているようだが、単純に
一枚板を切り抜いただけ のような品が多い中、このリプロ品は
特徴的なエッジとロールにこだわって作られている。

無意味とも思えるこういう線こそが、魅力的なのだ(^^)

どーでもいいが、真夏の炎天下でこういうものを装着しているのは
暑いぞ?コンクリの照り返しもあり、すげぇ暑い…。