趣味の総合サイト ホビダス
 

» 2010 » 7月 » 31のブログ記事

本日、7月31日は盛りだくさん♪

仕事の区切りもついたし オーバーホール後の検診も含めて
FLAT-4さんへ行くことにした。
いろいろネタは拾えたのだが
FLAT-4で知り合った新規購入者のビートルが
すごい キレイだった ヾ(=^▽^=)ノ

1963年式 窓が小さくて呑山が個人的に大好きなボディ。
ダブルバンパーやモールがピカピカ輝いて
黒いボディに映えていた。
個人的にはまさに理想のビートル。
だって黒いんだもん。すごく黒いよ?

室内を見せてもらうと
シンプルに純正の雰囲気を生かしつつ
ステアリングに巻かれた皮が実用とアクセントを
兼ね備えている。

カーナビはグローブボックスの中に隠されて
雰囲気を壊さないように配慮されている。
操作性には疑問があるけど、これはこれで正解という気がする。
オーディオは絶版になっている真空管を使用した
マニア受けする選択。

聞いてみると、初ビートルらしいが
いい趣味しているなぁ 羨ましい(笑)
走行テストやら 細かい部分の調整やらを繰り返していたが
これから納車されるらしい。

いや、マジで 羨ましい。

い~な~ 63年 黒いし。

FLAT-4さんから購入するんだから、ある程度は安心して
乗れるよね。
メカ的にも、手を入れる場所は少なかろう。
かっちょイイよぉ 黒いしねぇ。

なにはともあれ、空冷ワーゲンの世界にようこそ(^▽^)/

ビートルの長所はいくらでも挙げることが出来ますが
欠点もいっぱいあります。
その欠点も含めて好きでいてくれたら
きっと、かけがえのない仲間になれると思います。

新しくオーナーになる人がいて 同じ店内に
ベテランもいるのが専門店。

1957年式のオーバルウィンドウに乗る
オヤジオーナーさんからも
興味深い話を聞かせていただけました。
画像のオーバルは2代目 とのことですが
ビートルに乗り続けて30年(!)

これはもう、呑山ごとき若輩者が云々いえる立場でもなく
有難く、経験談を拝聴させていただきました。
電装も6Vのままなので、不便な点も多いそうですが
それすら楽しめる余裕のある大人のオーナーさんでした。
いやいや 失礼ながら、ビートルの話をしている時は
オトナっつーより、ガキでしたけど(笑)

あちこち不具合もあって、不便らしいです。
乗り換えるつもりは毛頭無いっ って感じでしたけど。

呑山は20代の頃、68年式に乗っていたとはいえ
十数年のブランクがあり、今のマルガリータに乗りだして
ようやく半年を越えたところ。
あらためて、末永く付き合いたいと思う機会を得ました。
…とか言ってたら すげぇ長文になっている(笑)

ということで、マルガリータの話はまた、次回に です♪