趣味の総合サイト ホビダス
 

» 2010 » 7月 » 30のブログ記事

Clarion DUB275MPB

| ビートル | | 3件のコメント

造形関連でお世話になっている通称「店長」のところに
25日に開催されたワンダーフェスティバルの収支決算報告に
行って来た。

アーク倶楽部は企業じゃあないし、あくまで趣味のサークルなのだが
金銭が絡むので、代表者の「店長」に売り上げ報告
必要経費 次回の目標と今回の反省点 などを報告に行く
と、いう理由をつけて遊びに行くのが慣例となっている♪
「店長」に会うといきなり

「ニィちゃん カーオーディ欲しかろ?いるよな?」

と聞かれた。
マルガリータにはニッサンのPAOから剥ぎ取ったラジオが付いているし
普通の現代車に付くようなピカピカしたイルミネーションの
輝くオーディオは似合わないので
正直、興味が無かった。
PAOのラジオ 純正のような とは言わないが、アイボリーのノブが
お揃いっぽくて 結構、気に入ってもいた。

「いらん ラジオがついてるし不自由はしてない」

と、答えたのだが、オートチューナーが壊れている とか
運転中にチューニングをあわせるのはキケン とか
もっともな理由を突きつけられて、半ば強引に
新しいオーディオを付けることになった。
「店長」の友人が納車されて1週間ほどの新車を事故で
廃車にしてしまったらしい。
運転手は無傷だし、保険で同程度の新車が手に入る ということで
ほとんど未使用のオーディオやカーナビなどの装備を譲り受けたらしい。

「カーナビは俺がもらうから、ニィちゃんにはオーディオをやる
感謝しぃやぁ」

とか言いながら、その場で付けてくれた。
まあ、ほとんど使っていない新古品だし、型もそれほど
古くはない。
しかし、ビートルの運転席には 浮く というか 新しすぎて似合わない(笑)

「CDも聞けるし USBメモリからデータを読むらしいで?
ラジオもオートチューナー壊れとらんし、良かろうもん?」

……………はい 性能的には文句ありません。
でも…似合わないと思う…。

「よかよか 金が溜まったらレトロな外観のオーディオを
買えばよかろうもん!
誰も使わんオーディオが転がっとると邪魔になるったい!
エンジンの音しか聞こえんビートルじゃあ女にモテんばい?」

豪快な九州男児だわ 「店長」は(^^;)
まあ、たしかに、ラジオしか使わん だからこそ、オートチューナーは
ありがたい。
せっかくの好意(?)だし 無料だし 有効に使わせてもらおう。
基本的には助手席に人を乗せることはないし、オーディオが付いたら
女にモテる という発想に疑問があるが、そんなことは
「店長」の知ったことではないらしい。

デザインがちょいと特殊で「店長」の周囲のオジサン達には
不評だったこと。
2DINでスペースをとるので取り付けられる車種が
限られたこと。

事故車から剥ぎ取った ということで縁起が悪い と
敬遠されたこと。

などの理由で、引き取り手がいなかったらしい。

帰りの片道1時間 ラジオを聴きながら帰ってきたが、雑音もせずに
聞きやすい音質。
CDやUSBメモリの使用感は試してないが、カセットテープしか付いていなかったPAOのラジオよりは高性能なのは間違いなかろう。
ただ、当然というか、エンジン音が大きくて、峠道などでは
大音量にしないとラジオの音は聞き取れない。
基本的に静穏性に問題があるんだもん。ビートルは。

それはそれとして やはり
新しいデザインに違和感がある(笑)
性能的に比較するべきでは無いと思うが、デザインだけなら
PAOのラジオの方が、ビートルの運転席には似合っていたと思う。

夜道を走っていると、一番見やすくないとまずい
スピードメーターはほんのり、薄明るい。と言うか薄暗い
(^^;)

新しいオーディオは無駄に明るく眩しいくらい。
まあ、PAOから剥ぎ取ったラジオは照明が壊れていたので
極端から極端に走ったものである。