趣味の総合サイト ホビダス
 

» 2010 » 6月 » 27のブログ記事

ロードスターが車検だったので、前オーナーが任せていた店に
検査を含めて全てお任せした。

購入から整備・調整まですべて担当していたという人に頼んだので
ある意味、へたな専門店よりも詳しいだろう。
この個体に限っては という限定条件つきだけど(^^)

車検を機会に、落としてあった車高をノーマルに戻してもらった。
せっかく、手を入れている部分を元に戻すのはもったいない
と、言われそうだけど 不便なのだわ 車高が低いと。
田舎だし。 家から出入りするたびに、底を擦りそうでヒヤヒヤする段差もある。
ちょうど、ノーマルパーツが転がり込んできた とのことで
タイミングも良かったので格安で戻せたのは嬉しい報告だった。
ビートルでも低い車高が流行りらしいし、ロードスターのようなクルマだと
それなりに意義もあるのは分かるんだけどね。 どーもねぇ…。

メーカーの設定した車高にはそれなりの理由があるだろう と思うんだ。
サスペンションとか ステアリングとか 操作性とか 安全性とか
いろいろな方面で、悪影響がでないか、心配になるんだ。改造してると。
自動車の寿命も縮むんじゃあないかとも 思う。

…そーでもないのかな?

メカに詳しくないので、よく知らないんだけどね(^^;)

ちなみに、請求額は合計 15万1200円
内訳は以下の通り

車体検査整備
2万5千円
自動車重量税
2万5200円
自賠責保険
2万2470円
書類・印紙・検査手数料
1万2430円
代行料
1万円
エンジンオイル・エレメント交換
7800円
ストラット交換・クラッチオイル交換
4万1100円

…予想していたよりもずいぶん、安く済みました。
前オーナーが定期的なメンテナンス 部品チェックをしていたらしく、急いで交換
修理などが必要な箇所がなかったのが、安く済んだ原因ですね。
日常のメンテナンスがしっかりされていると、ここまで違うものか と
空冷ビートルの惨状と比較すると笑いが出てくる(^^)
それはそれとして、生産されて20年経つクルマだから
これから、あちこち 不具合が出る可能性は否定できない 用心してくださいね
と、言われた。 まあ、そーだろーなぁ…。

経年劣化や消耗品の交換など 早め早めの交換やチェックを心がけないと
ビートルのように問題が山積みになるだろう。
とか言ってると自分のクルマのように聞こえるだろうけど
このロードスターは女房の専用車なので、呑山が運転することはほとんど無い。
本来なら、洗車や消耗品のチェツクも女房がやるべきことなのだが
視界の中でクルマが劣化していくのを見ているのはツライ。
チマチマと、よけいな手を出して泥沼にはまっていくんだろうなぁ…。

しかし 安く済んだとはいえ マルガリータのオーバーホール直後の車検。
前回も今回も、現金で支払いを済ませたわけではない。

と、いうか、ほとんど丸々ローンが残っているんだ これが(T T)

月々の支払いがキツイぞ と。 …困ったもんだ…
画像は車高を落としていたユーノスロードスター

こちらはノーマルに戻してもらったロードスター

見た目だけなら、間違いなく、車高が低いほうがカッコいいと思う。
見た目と使いやすさと性能と安全性が両立できれば、いーんだけどね(笑)