趣味の総合サイト ホビダス
 

画像はエンジンを降ろしてミッションが見えるようになった状態。
降ろしたついでに、減っていたフライホイールやラバー類も交換してもらいましたが
ミッションマウントなどは状態が良かったのでそのまま、手を付けませんでした。

シール・ラバーなど劣化しているものは、このさいですものね。
単価も400円とか 600円とかあまり高額な部品でもなかったですし。
エンジンの調子が良くなり、安心できるようになったのだが
かすかな異音が聞こえてくる。

加速時 坂を上るとき などのエンジンに負荷が掛かるタイミングで
「こぉ~~」 っていうような、小さな音。
ミッションが痛んでいるらしい(T T)

FLAT4さんでオーバーホール終了時に説明されたのだが
ミッションオイルが極めて少ない状態だった とのこと。
オイルが足りない状態で長く、走行していたらしい。
車検の時にでもミッションオイルの交換・点検をしていれば起こりえないトラブルだわな こりゃあ。

点検くらいはしたのかね?

入っているから まあ いいか みたいないいかげんなチェックだったんだろうなぁ。
今回はエンジンのオーバーホールで、高額な出費があること
異音はするものの、走行には支障がなさそう との状態であること
以上の理由から、ミッションのオーバーホールは見送ることとした。

いや、まとめて全部やるのが理想だけどさ。

ミッションおろして点検・整備となると、15万くらいは掛かるらしいよ?
大雑把な話だけど。状態にもよるだろうしねぇ。
で、見送ったわけだ。 お金、ないし(T T)

まあ、ね プロの診断で、当分は大丈夫 ということだし
少なくとも、エンジンは大丈夫になったわけだ。
で、一生懸命、お仕事頑張って、お金が貯まったらミッションをみてもらおう と。
一気にアレもコレも と、欲張ると余裕が無くなるしねぇ
少しずつ 無理のない範囲で長く付き合おう という当初の計画通り
のんびりと ゆったりと 気長に手を入れて理想に近づいて行こう♪

……そう思わないと、乗れないじゃん?

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

こんばんは。
前のオーナーさんは私みたいな人だったのかな~。
私も恥ずかしながらミッションオイルの確認など一度もしたことがありません 国産車ですけど。
この前の オイルフィルターの件以来、空冷エンジの仕組みなど 本などを読み自分なりに学習してますが「5000km毎にミッションオイルの確認!」など驚く事ばかりです。
やはり、良いも悪いも国産車と同じ目線で見てしまいます あこがれだけでは乗るのは難しいんですね・・・。
ますます、興味深いです。

>白髪頭さん
現代車の場合、ミッションオイルの確認は必要ないでしょう♪
言っている呑山本人も、ビートルや360CCの軽自動車を例外として
ミッションオイルなんぞ見たこと無いです(笑)
ビートルの場合、半年に一回程度の確認が理想らしいですけど
難しいですよね 現実的には(笑)
専門のショップへ遊びに行きがてら
たまにチェックしてもらう というのが
一番、現実的で確実なメンテナンスでしょう。
自分で全てがこなせるようなら
楽しいし、リーズナブルだとも思いますが
場所や時間 知識や工具など
いろいろとハードルが高いのも事実です。
ちなみに、ミッションオイルは2程度
お値段にして1,600円くらいになります。
まじめな修理屋さんや、しっかりした整備士が見てくれるお店なら
黙ってても見てくれるはずですが、念をおして
「ミッションオイルも交換してね」
と、告げておけば、それでOK のはず♪
前のオーナーさんなのか メンテを任せていた整備士なのか
どちらに問題があったのか不明なのですが
知識も技術も経験も無い人物に整備されていたのは
現状の車体を見ると明らかです。
自分で勉強してチャレンジするのも良いことですが
今のうちに、しっかりしたショップを見つけておくと
後々、安心できますよね♪

Comment feed

コメントする