趣味の総合サイト ホビダス
 

オーバーホール報告、まだ続きがあるんですけどね。

ちょっとした事件があったので、これはこれで
記録しておかんとなぁ… と。

忘れっぽいから、俺。
と、いうわけで

6月5日の深夜 突然、ロードスターがウチにやっってきた。
代車とか 借り物とかじゃあない。
もちろん、買えるわけもない。

もらった。

…説得力がないよね。マジだけど。
中古車市場に出しても高値は付かない。
買い手に困ることは無い車種なれど、取り返しのつかない改造をされて
自動車としての寿命を縮められるのもイヤ。
同じ手放すなら、長く大切に乗ってくれる人に面倒を見て欲しい。
そーゆー理由から、譲り受けました。

過去にも似たような例はあったけどね。
ユーノスなら、高値で買うマニアもいるだろう と思うんだけど

お金に替えるよりは大切にしてもらえる人に…

と言っているので 面倒を見ようと思う。自信ないんだけどねぇ。
正直。 ユーノスは好きなクルマだけど、知識は皆無だぞ?俺?
というか、くるまは好きだけど知識も腕も素人なのに…
他に適任者、いなかったのか??
うちに来た翌日、試乗してみたが
車高を下げてあって、田舎の凸凹道では乗り心地が悪い(笑)
ステアリングはタイトで遊びが無い。
シフトもタイミングを合わせないと堅くてチェンジしにくい。
渋滞や買い物に出かけるチョイ乗りには、向かない仕様になっている。

逆に言うと

ロールも少なくコーナーでの操作性は気持ちいい。
タイミングが合うとシフトも気持ちよくカチッと決まる。
運転の下手な呑山でさえ、道を走る爽快さが味わえるんだから
腕のいいが性能を引き出してやれば、すごいタイムを叩き出すのかもしれない。
以前、ホンダ・ビート (自動車)に乗っていた時、雨漏りに悩まされたんだが
今回のユーノスは幌とは別にハードトップも付いている。
ビートの時よりは、漏る水量も少なかろう と思う。

…漏るのは確定 多分。怪しい箇所が数箇所、目視できる(^^;)

初年度登録1991年7月
走行距離9万4千828キロ
製造されてから19年。
見た目は事故歴の無いストレートボディで大切にされていたようだが
どこが壊れてきても不思議ではない距離を走り、時間も経っている。

雨漏り以外にも、不具合も多かろうと思う。
こいつも、長く のんびりと
ちまちま手を入れながら付き合うことになりそうだ。
とりあえずは、マルガリータと並べて
一緒に洗車した。基本設計に半世紀ほどの時間差があるが
タイプの違うこの2台  並べて見ると、それぞれに味はある。

どちらにしても、自動車の歴史 みたいな本が作られたら
名前が出る『名車』にはちがいないよな。 とか考えている(笑)

とかノンキに言ってるけど、維持費だよ 問題は!
ガソリン代やらオイル代やら税金やらタイヤやら保険やら
大丈夫なのか?俺?

気持ちに余裕はあっても財布には余裕ないんだってばさ。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

こんにちは こちらにも書き込み失礼致します。
実に羨ましいです!
写真を拝見したところ 1.6Vスペシャルでしょうか?程度も良くみえますが。
私も、1.6に乗っていました 楽しい車ですよね!
日本の『名車』図鑑に載る(笑)ような車だと思います 大切にしてくださいね・・・
・・・懐事情と相談だと思いますが・・・

>白髪頭さん
これは奇遇(^^)
ロードスター乗りでしたか♪
91年型のVスペシャルです。
ちなみに、基本的には女房が乗るので、呑山は手入れをするだけ となると思います。
実際に乗る機会は少ないでしょう 多分。
目の前に疲れているクルマがあると、我慢できなくて ついつい、手を出してしまうんですよねぇ…。
懐具合については…マジで、不安です(^^;)

…実は私も、昔NA型の1.6ロードスターに乗ってました。
マツダスピードのクイックシフト、最高でした。
ほんと、いい車ですよ。
全てがほどよくて、売れた理由が分かります。
今でもまた乗りたい車の一つです。

>ゆたかさん
あやや?なんだこの似たような趣味は(笑)
ミアータの名前で発表されてから、本気で購入を考え
でも、いろいろな理由から実際に乗ることなく今に至りました。
正直、手の届くところに転がりこんできたのは予想外だったのですが当然、大歓迎なのです♪
空冷ビートルに興味を示すような趣味の人間には、やはり、魅力的に見えるんでしょうかね?
ロードスターのような車種は。

Comment feed

コメントする