趣味の総合サイト ホビダス
 

» 2010 » 5月のブログ記事

目標

| ビートル | | 2件のコメント

昨年の12月31日に、愛車のマルガリータがうちにやってきた。
もう半年になるわけだ。
今のところはオーバーホール中で、うちにいないけどね。

エンジンのオイル漏れやらが治って帰ってくるのだし
仕事も目を吊り上げて〆切に追われている状況でもない。
これを機会に、ちょっと、数日 家を出てみようかと考えている。

可能なら、犬を連れて 携帯電話の電源を切って
ふらふらと放浪してみたい とも思う。

それを実践すると、いろいろな意味で帰る場所が無くなるだろうから、出来ないけどねぇ。
たかだか数日でいいんだが、考えるとそれも難しい。
せめて近所の川原でいいから出かけたい と思うが、それも今は叶わない。

オーバーホールを終えて、マルガリータと一緒に走れるようになったら、考えよう。

…その前に、自分で整備できる箇所を見直さんといかんだろうなぁ 多分…
いや、心当たりがあちこち、ある(笑)
半年分の記憶をたぐって、チェック箇所を書き出してみよう。
まずは、安心して遠出できる状態に整備する ということ。
そして、仕事やらそのほかの雑事を整理すること。 だな。

出来るだけ早く、実現したいねぇ マルガリータと一緒に小旅行♪

FLAT4から電話があった。
エンジンのオーバーホールが、月曜日には完了するよ
とのお知らせ。

まあ、他にもチョコチョコと、いじる箇所があるのでずれ込む可能性もあるが
そろそろ出来上がりますよ~ という嬉しいお知らせでした。

どちらにしても、あと少しでマルガリータとドライブだぁ♪ と期待している。

原型のお仕事の区切り次第だが、ちょっと遠出をしたいね。
エンジンの慣らしと気分転換をかねてね。
そろそろ梅雨なので、タイミング的にはビミョ~だけど。
そーいえば、今のところ、雨漏りの兆候は確認できなかったけど、本格的に降ったら漏りだす
とか無いだろうなぁ??

錆のほうは 目立つ部分、気になる部分に関しては処置したから当分は安心していてよかろうと思うのだが
運転席側のドア ここだけ、まだ錆び止め処理をしてないなぁ…。

考えてたら、いろいろ不安になってきた…遠出、大丈夫だろうなぁ????
何はともあれ、手の届く範囲に戻ってきてくれる ということが
何より嬉しい♪

ビートルのことだが、オーバーホールから、帰ってくる気配がない。
というか、何の連絡もないのでどのくらい待てばいいのか不明なのだが
まあ 自分では手が出せない領分なのでプロに任せるしかないわなぁ
代車を借りてはいるが、基本的にはウチのジムニーを使う
だってホラ、万が一にでもブツけたりしたら困るしねぇ
借り物だから。
ジムニーでも困ることには変わりないけどね
もうすでに10年近く乗っているかね?ジムニー
なら、代車は必要ないか というと
基本的には俺の専用 というわけではなく、家族も運転するし

予定によっては使えないときもあるので、やはり代車は必要だったのだ。
なんせ田舎なので、公共交通機関だけでは生活に対応しきれず、自動車は必須なんだな。これが。
都会に住んでいた頃には想像できなかったくらい、車は生活に密着している。
だからこそ、自動車に対する評価はシビアだぞ?
田舎に住んでる人間は。
特に舗装されていない山道を移動するウチのご近所さんにも、ジムニーの愛用者は多い。
あと、スーパーカブな。自動車じゃあないけど。
丈夫だし よく走るし 運転もしやすい。
燃費がよくて税金が安い というのもポイントが高い♪
高速道路じゃあなければ、何の不満も無い。
日本車 スゲェなぁ やっぱり。
すでにモデルチェンジしたので、この形式は中古でしか手に入らないわけだが
モデルチェンジした理由が分からないくらい、完成度の高い自動車である と、思う。



個人的な感想 だけどね。
趣味の相棒としても 移動する道具としても
よいくるまだと思う。 けどね 一般ウケはけして良くは無いなぁ。
乗り心地やら、快適装備やら、不満を言う人にはケチを付けるネタに困らないらしい。
運転している俺は何の不満も無いんだけどな。マジで。



リアのスペアタイヤのカバーに書いたフィリックスはお手製♪
こーゆーイタズラが出来る余裕もジムニーが好きな理由のひとつ。
最近はちょいと余裕が無くて、手も入れていなし洗ってもないので
今度、天気のいいときにでも洗車しよーかなー とか思う。
ビートルが帰ってくると、また、やることは増えるだろうし ねぇ?
いや、オーバーホール済まして帰ってくるんだから、大丈夫なのかな?
どーでもいいが ビートルと比べると、四角いねぇ ジムニーは(笑)

どちらも好きなんだけどね。

極端から極端に走る傾向があるかね?俺は?

仕事で頑張った原型が販売されている模様です

http://www.amiami.jp/shop?vgForm=ProductInfo&sku=TOY-TOK-0943&template=review.html

まあ あれだ 今まで美少女やらアニメキャラばかり請けてきたので
今回のお仕事は傾向が違って、苦労したし、多くの人に助言を受けたり
助けてもらったりしたんだが やはり 怪獣系も奥が深いねぇ…。

今のところは、まだ慣れないので
アニメキャラの造形のほうが数倍、ラクだとは思うんだが
怪獣は怪獣で造形として作り応えも 違うツボがあるんだねぇ。
慣れると、面白い素材だと思う。

まあ、どっちにしても仕事でやっているわけだから
アレが作りたい とか コレは嫌いだ とか言わないし
言える筋合いでもないんだが、家族の目からは遊んでいるように見えるらしい。

ネクタイ締めて決まった時間に出かけてると、周囲も違った反応するのかもしれんがねぇ
家にいるもんな ず~っと。 毎日。
んで、怪獣とか美少女フィギュアをイジッているわけだ。

…遊んでるように見えるだろうなぁ…やはり。

なんか、微妙にイヤだなぁ こーゆーの。
今回は名前を出してくれるメーカーさんだったので、だいぶ気分的に違うけど。
ただいま、別の怪獣を造形中。 というか、写真校正まできたので、OKが出たら納品だ♪

……NGが出たら作り直しだけどな…(T T)

先日 FLAT-4にて、接触することができたビートル乗りさん。
くるまは53年式のオーバル それはそれは綺麗なオーバルでした。

オーナーさんはお医者さま とのことでしたが
柔和で紳士的な方でした。
呑山の不躾な質問にも丁寧に答えてくださって、隅から隅まで
堪能させていただきました。

ありがとうございました!

いや、単に綺麗 というだけでなく、愛されているくるま
って雰囲気?
室内もキレイで 雰囲気を壊さないように実用の改修もされていて
実車を見ながら解説していただけたのは幸運でした。
オーナーになってまだ日が浅い というようなことを言われていましたが
呑山と同じく、ワーゲンに戻ったクチとのこと(笑)
もう一度、乗りたくなった と言う話には激しく同意です♪
出生証明書も取り寄せた とのことで、拝見させていただきましたが
羨ましくなりますね。 見ていると。
ブラジル生産のビートルも、出生証明書 取れるのかな?

……無理だろうなぁ……

オーバルは名前が示すとおり、リアウィンドウの形状が特徴なわけだが
個人的には前から見た姿が大好きです。
スプリット時代からの小さなフロントウィンドウと屋根の曲線がとてもキレイだ と、思うんですわ。
特に根拠も無いのだが、草餅のような渋い緑色 シングルバンパー お尻についたDマーク
小さなテールランプにホワイトウオールタイヤ 地味な後付け方向指示器
これらの取り合わせが妙に似合ってて、50年代のビートルの代表格 というような印象を受けたくるまでした。

まあ 異論もあるでしょうけどね(笑)
個人的にそう思った ってだけですよ?

トラックに凄い勢いであおられた事がある というお話も聞かせていただきましたが
普通に走るぶんには問題ないでしょうけど、レースできるだけの速度を求めるのも酷でしょう。
そういう走り方をする方でもなかったように見受けられましたし ねぇ?

しかし、このお尻を見て 後ろからあおりたてるってのも不思議な感じがします。
よほど、余裕が無かったんでしょうなぁ そのトラックも。
いつか、このビートルに再開できる機会もあると思います。
叶うなら、ウチのマルガリータと並んで走りたいです。
渋い と言ってしまうのに躊躇するくらい、綺麗なビートルでしたから再開した時
恥ずかしくないように維持しておきたいですね。

公私共にストレスが溜まって、クサクサしていたのですけれども
楽しいお話を聞かせていただき、目の保養までさせていただいたので
午前中の腐った気分が一掃できました。

ほんとうに、ありがとうございました。

先日、預けた愛車のマルガリータの状態について、FLAT-4から電話があった。

『シリンダーヘッドにヒビが入っている。
プラグホール4つとも、ヒビがあるしガスケットを装着する部分も歪んでいる。
新品に替えるか 中古をつけるか 考えてくれ』

との内容だったのだが、現物を見てみたかったのと
公私共に息の詰まる思いをしていたので、息抜きがてら、店まで出かけた。

見せてもらうと、確かに、ガスケットがあたる部分が歪んでいる。
黄色い線が直線なのだが、並行になるべき線が確実に、歪んでいる。
左右のシリンダーヘッドとも、同じように歪んでいた。
4つあるプラグ穴にも、ヒビ割れが確認できた。

素人目にもハッキリ分かるのだが、なるほど、これはオイルも漏れるわけだ。

これは交換するのが当然であろう。
電話では、新品を付けるか、中古を探すか という選択肢が明示されたが、FLAT-4に到着したときには
程度のいい中古があったのでコレを付けましょう と、すでに中古ヘッドが用意されていた。
まあ、素人の呑山にはよく分からないのだが、プロが選択した部品なら、ケチを付ける理由もなく
金欠の折だ 部品代が安くあがるならそれに越したことはない …と、思う。
ヘッドもそうだが、ピストンにもキズが入ってたので、このピストンも交換することになりそう。
まあ 完璧なエンジン というわけでもないのだが、当分は安心して乗れるはず。
なんといっても25年だ。ビートルとしては新しい部類だが、どこに異常がでても不思議ではない年数が経っている。

あちこち注意すべき点も残されている。

エンジンのオーバーホールも、ようやく具体的な作業が確認できた。
早く乗れるように修理が終わることを願っているのだが、正直、今のところ気になるのは
自分の体調のほうである(笑)
修理が終わっても運転できないような体調になっていたらシャレにならんし。

4月の20日に愛車を預けたのだが、当然、それ以降は乗れないのである。
翌日から、仕事に勢いをつけた というのもあり
くるまがあっても乗れていないような状況になっていた。

連休も挟んだが、連休は仕事で大忙しだったから、やはり、乗れないことに変わりない。
バカに天気がよく ドライブ日和だったのだが、東京に出張していたような状況では、イグニッションキーを捻れるわけもない。

で、仕事もひと段落つき、世間は連休もあけて通常の空気に戻りつつある。
さて、そろそろ 愛車に乗って…と、思うのだが
オーバーホールは時間も掛かろう それ以前に、順番待ちで詳しい状況も分からないのが現状だ。
つまり、いつ乗れるのか、見当もつかないのだ。

…………………………

20年ほど、我慢して頑張ってきたんだ。
安心して乗れるようになるなら、1~2ヶ月くらい…とは思うんだがねぇ。
正直、早く乗りたいっ!
オイルやらガソリンの匂いのするガタピシする運転席が恋しい。
錆を気にしつつ 仕事の合間にもぐったり、はぐったりしていた数日前が妙に懐かしい。
仕事の区切りがついたのに、空冷エンジンの音が聞けないのが寂しい。
代車は現代のいい車だ。

長く乗っているジムニーも手放したくない魅力的なくるまだ。
移動に、仕事に不満は無い。

ビートルよりも合理的で便利なのは言うまでもない。
だからと言って、ビートルが恋しくないわけがない。
それなら最初から旧いワーゲンに手を掛けたりしない。
分からん人には分からんだろうなぁ この感覚は。

恋人に会えない期間に似ていると思うんだな。俺は。

まあ、異論があるのは承知しているが、そー思うんだから、異論は拒否する。
人と機械と比較してどーする とは、友人の談であるが、恋愛対象が他の人と違うだけで、感情の根っこは似たようなモノだと思うのだわな。
人がどー思おうが知ったことじゃあないから、どーでもいいんだがね。

で、あれだぞ?

久しぶりに再会すると、あそこがちょっと…
ここはもうちょい なんとかならんか…
とか不満も出てきたりするんだな。多分。 いや、絶対。
で、嫌いになるか と言えば、それは無いわな。

20年越しの想いだもの。 そー簡単には別れきらんのが道理だろう?
特に、最近は人間関係のトラブルもあり、それに絡んで金銭関係も縺れたりするもんだから
くるまや動物のほうが安らげる気分になっているわけだ。
底の浅い嘘を並べる人間と付き合うより、ガタピシなっているくるまと付き合うほうが精神衛生上ラクなんだわ。俺は。

…思考が空転している…

あまり良い傾向ではない。
何がしたいか というと、答えは簡単なのだ。
ビートルに乗りたいっ!
単純だなぁ 俺は(笑)

で、話は変わって 4月17日に載せたオーバルな。

AUTO CLUB山下さんの。売りに出てたわ。
90万だって。
金銭的に余裕のある人、オススメできそうな個体だったぞ?
責任は持たんけど。

いい音してたんだわ、エンジンが乾いてて。
…意味不明?

個人的にはオーバルよりもスクエアのほうが好きだけどね。
気持ち小さいスクエアの次に、オーバルのラインが好き♪

まあ、何が好きかは人それぞれだもんな。
1956 VW TYPE-1
OVAL GOODベース12VOLT
スタンドE/G ¥900,000-
これは、旧いくるまの価値が分かる人に、大切にして欲しいと思う。
誰がオーナーになるんだか知らんけどさ。
いい顔してたんだわ。 きっと、楽しいよな。 オーバルも。
…支離滅裂だな、俺。