趣味の総合サイト ホビダス
 

» 2010 » 4月のブログ記事

先日、エンジンのオーバーホールを相談したのは
北九州市の AUTO CLUB山下 さん

ここはエンジンの整備には定評がある。
オイル漏れのない空冷エンジンにしたいならココ!
と、聞いている。

オーバーホールするなら、予算は上限50万円程度みていてほしい
期間は2ヶ月くらいかかる
というのが、回答だった。
まあ エンジンって開けてみなければ分からない というものだから
50万円以内で収まる可能性もあるが、程度によっては…

ということだわねぇ 納得できる説明だし、丁寧でこちらの質問には的確に答えてくれる。
腕の良さは評判で聞いているし、ここに頼もうか どうか
悩むところではある…金額がね デカイじゃん? やっぱり。

FLAT-4のHPを見ると

VW純正(GENUINE) ファクトリー1600cc NEW フルコンプリートエンジン 1600cc/48HP
.価格(税込): 448,000 円

VW純正(GENUINE) ファクトリー 1600cc NEW ロングブロックエンジン
価格(税込): 295,000 円

と、ある
オーバーホールするより、新品のエンジンを積んだほうが安い可能性もあるわけだ。
…今でも新品のエンジンを購入できる という驚きは おいといて(笑)
と、いうことで FLAT-4へ行ってみた。
裏には空冷エンジン仲間の車両がズラリ…!

いや 壮観♪

イベントでもないのにこういうのが見れるのは、さすがに専門店。
裏の作業場に通され、お店の方々に不安要素を伝えながら、外観のチェック。
オイルの漏れかた 過去に交換したとおぼしき部品 こらから予想されるトラブル
などなど いろいろ見てもらい、近所を一周してエンジンの音や振動を確認しよう
という事で、話は一段落ついた。

スタッフの運転する愛車の助手席に乗って近所を走ったのだが、異音・振動など、言葉で説明するよりも的確に確認してもらえた様子…というのをみて、ここに頼もう と、決心した(笑)

まだ、依頼するか否か分からない客のくるまに
試乗して診断してくれるというのは、
メカが分からない素人にはありがたい確認に思えたんだわ。俺は。
細かいことはエンジンを下ろしてから ということになるし
今のところはどのくらいの作業が必要になるか分からないんだけれど
代車を借りて、帰途についた。

……………それが、20日の話

で、21日は仕事に精を出し 所要で表に出ると
ビートルの停まっている筈のところには
代車の軽自動車が停まっている。

いつもの場所にあるべき姿が無い というのは、
なんとも寂しい感じがする。

エンジンの調子が悪い 走らないわけではないが
不安を抱えたまま というのも気持ちが悪い。

ので、専門店に相談に行ってみた。

とりあえず、消火器は常備しておくように薦められたのだが
可能ならエンジンのオーバーホールをするのが理想 とのこと。
可能なら というか 25年前のエンジンだし
オーバーホールも必要な時期ではあろう…やはり。
問題なのはその工賃+部品代
50万円くらい、覚悟する必要があるそうだ。

……………50万……………

「車が買える金額なので、よく考えてから決めてくださいね」
とは、相談した専門店のお言葉。
ええ このくらいの金額で買いましたとも、ウチのビートルは。
4ヶ月ほど前にね。 だからローンもほとんど丸々残っている。

ローンだけ残して手放したくはないし 炎上する危険を抱えたまま乗り続けるのもイヤ。
だから、オーバーホールする以外に選択肢はないわけだが
50万円 という金額がリアルに怖いわなぁ ねぇ?

まあ 50万以内で収まるだろう という見積もりだし
エンジンなんて開けて見ないと分からない ということも分かる。
このくらいの金額になるだろうなぁ どこで見積もりを出してもらっても ねぇ?
なにはともあれ、50万

50万 ビートルに安心して乗れる ということを考えれば
惜しい金額ではないのだが、すぐに用意できる金額でもない。
っつーか 当面は無理。

とりあえず、ホームセンターに寄って消火器の値段を確認してみた。
2600円くらいで購入できることが確認できたのあだが、自動車のエンジンが燃えたときに有効な消化剤なのか 確認も必要なので今日のところは購入していない。

画像は専門店に停まっていたドイツ製のカブトムシ。
流れるような連続した曲線がキレイで 後ろの小さな楕円の窓と
小さな赤いブレーキランプが丸みを強調しているように見える。
デザイナーが頭を絞った結果ではなく、成り行きでこの形状に落ち着いた
という経緯が凄いと思う。

モノの形を出すことを職業にしていると、これが成り行きと技術力と経済性の都合で出来たことに
敗北感を覚える。

それはそれとして 50万円 どーしよーねぇ…。
自分でやったら、格安になるかな? エンジンのオーバーホール。
ん~ 板金やら塗装なら 場所さえあれば可能かとも思うが
エンジンとブレーキだけはねぇ… 怖い場所だわな やはり…。

ここのところ、風が強かったり
雨が降ったりする天候が続いたので、桜ももう終わりか
と、思っていたのだが まだ散らずに咲いていたので、記念撮影♪

くるまとあわせて撮影に使われるのは
美人のモデルとか アスファルトの似合う背景が多いわけだが
四季おりおりの季節感を写しこんだ自動車写真というのも、また、多い。

まあ 子供やら動物やらを使った絵というのは
良くも悪くも思ったようにいかないものだが
桜と一緒に撮ろう などと考えても、天候やら風やら
やはり、思ったようにはいかない。

空の色とか 桜の花の色とか
肉眼で見たほうがキレイなのだが、それを再現する知識も経験も持ち合わせていないのが残念である。

さらに言えば、カメラを手に持ってウロウロするのも捨てがたいが
饅頭と酒を味わいながら見た方が、気分的には楽しい。

そういえば、日本酒には甘い饅頭やタイヤキが欲しくなる味覚をしてるんで
洋酒でもアイスクリームやチョコレートが欲しくなる。
男同士で花見に行くと、甘いものの出番が無いんだけどね。
いまだ桜も桃も、キレイに咲いているので
酒と甘いものを持って、出かけてみたいなぁ とか思うんだが
酒を呑むとなると、マルには乗れないわなぁ。

ん~ つまり、あれだな?

花見がしたいわけだ。
この間も菜の花を見に行ったんだがね。
見るだけなら見てるんだが、不満が残る っつーのは
酒か?不足しているのは?
酒と甘いものだな。

…花より団子っつーやつ?

風情とか情緒とか言ってても、まあ、こんなもんであろう。

先日、まったく無意味に マルガリータで川原まで出かけてみた。
ふだん、仕事に追われて目を吊り上げている時間も長く
いきなり、何故、無意味に出かけたのか、自分でもよく分からない。

ただ、前々から川原に行きたい とは思っていた。
少し、自由時間ができた と思ったら、いきなり
ドライブに行こう! という思いが強くなったのだ。

2時間ほど のんびりとした気分を味わった後、作業机に戻ったのだが
その日は異様に作業がはかどった(笑)
やはり、気分転換には効果があったのだろう。

フェンダーを磨いたり

錆止め処理をしたり

という時間も楽しいものだが
風を感じて走る時間も やはり 楽しい。

川原をブラブラと歩いたが、目の届く範囲に丸っこいボディがあるのが嬉しい。
また、こういう時間を作ろうと思う。
この時間があればこそ、何か意味のある事を見つけられそうな気がする。