趣味の総合サイト ホビダス
 

» 2010 » 2月のブログ記事

あそこにもここにも問題があるが
エンジンだけは調子いいぞ
とか言っていたマルガリータだが

先日いらい、加速しようとするとガクガクと振動がでる。

排気煙が黒くなってきた。

などの症状がでてきた。
まあ 単純にカブリ気味 という診断なのだが
ポイントも減ってきているし
プラグも不安
状態がいまいち不安なデスビなども交換して様子を見ることにした。
KEISON’Sさんに任せたのだが
本当は苦労してでも自分で交換したかった…(T T)

仕事が片付いていないため、時間がとれないし
かといって放っておくわけにもいかないし
ということで、作業をお願いしたのだ。
13日に預けて、帰ってきたのが14日の昼過ぎ。
内訳は

プラグ 4 ×600 2400円
ディスビローター 1 ×1500 1500円
ディスビキャップ 1 ×2350 2350円
ポイント      1 ×1200 1200円
交換技術料          7000円
値引き              164円
消費税              714円
請求金額           15000円

試しに近距離を運転してみたが、快調 快調
始動時にマフラーから、ポンッ バンッ とか音がしているので
まったく問題ないセッティング というわけにはいかないが
加速もスムーズで安定した走りが体感できた。
まあ これからしばらくは、ポイントやらデスビやら
点火タイミングやらは不安要素から取り除いて考えられるわけだ。

それはそれとして エンジンオイルを入れる給油口のキャップが無い との連絡があった。

預けたときに無くしたのか その前にすでに無くしていたのか
詳細は不明 というか、預ける前の日の朝には、確かにあったが、預ける時点でオイル給油口のキャップの有無なんぞ確認していなかった。

ここは 無いまま というわけにもいくまいから
新しいキャップを買わないといかんだろう と 思っていたのだが
KEISON’Sさんが新品を付けてくれた。
エンジンルームを見てみると 茶色だったデスビキャップは黒い新品になり
オイル給油口はアルミの新品♪

…というか ここだけ[ビレット」って感じで、異様なアンバランス感がある(笑)

まあ 無料で付けていただいたパーツに文句も言えようはずもない。
画像は購入時に撮影したエンジンの外観。

こちらは、修理終了後のエンジン外観。

…やはり、浮いて見える新品のオイル給油口

隙をみて、多少遠くへ走りに行きたいのだが、仕事の都合上
それもかなわない。
近所の買い物だけでなく ちょっとでいい 遠くまで出かけてみたい。

フュギュアのイベントも終わり、やっと仕事場にたどり着いた。

いろいろ 連絡したり片付けたり
やることは残っているし
あらたに手をつけなければならない作業もあるのだが
すでに2時をまわっている今 とにかく 眠い…。

なにはともあれ ケロロもレダも
無事に完成したのはなによりだし
見に来てくれたお客さんにも好評だった模様。

まあ 呆れた人もいたろうと思うんだが、そういう感想はなかなか伝わってこない。
じつは、批判的な声こそ 聞きたいし次へのヒントになるのだが
当の本人に向かって批判的な意見を言うのは勇気もいるし
その場の空気もあるしなぁ 難しいとは思う。そういう声を聞くのは。

画像はレダ
幻夢戦記レダの朝霧陽子
スレンダーなボディに丸みをもたせてイメージ優先で形にしたつもり。
色合いも 形状も気に入っているので、まずは この形がでたのに満足している。


こちらは夏美
ケロロ軍曹の日向夏美
メカな硬さとオニクの柔らかさの対比を狙ったのだが
全体に硬くなりすぎたか??


さて、お仕事としての造形は区切りがついたので、明日はビートルをいじりたいと思う。

エンジンマウントに問題は無い とはいえないが、それよりも点火タイミングに問題がある。
よーするにかぶっているわけだ。
プラグを点検しよう という判断は間違っていなかったんだが、現状、自分で手が届かない
というキャブレターの位置に問題がある。
というか、それに対処できない俺に問題があるわけだ。

経過報告
レダ 完成見本の塗装が着々と進んでいます♪
まあ 完成したわけではないのですが、雰囲気は見てもらえるかな と思い
途中画像の公開です。

色見本の製作は福岡県鞍手郡のクラフトベースさん。

http://happytown.orahoo.com/craftbase/

版権元への提出見本や複製作業に追われる呑山にかわり
塗装をしていただいております。
背景は呑山のイメージで アイボリーに塗った後
アクリル塗料のオレンジで凹凸を浮き上がらせるよう
ウオッシングで表現してもらいました。

脚を覆うブーツなどは金属ではないか? との
感じもしたのですが、今回はエナメルっぽい質感を狙ってみました。
ほら ポーズがポーズだし 金属だと膝の裏とかに食い込みそうじゃない?
設定資料を見ても、シワと判断できなくも無い線が見える気がするし…。
ビキニに関しては、カップは硬質的に 背中に回る紐部分はエナメルっぽく
それを繋ぐ部分にはアクセントになるような繋ぎ目を造形してあります。

基本ポーズを出すさいに悩んだおなかの曲線

ブラと紐が背中のオニクに食い込む感じ

でも、デブなオニクではなく 陽子のスレンダーな身体についた
女の子らしい曲線 というオニクの表現には気をつけたつもりです。

…何のことだか分からない?

画像では写しにくい部分なので、気になる方は会場で塗装見本をじっくり
御覧ください。
キットであれば、手にとって確認していただくことも可能です。
とか言って 塗装されているこの工程をみて
いちばん喜んでいるのは呑山かもしれない(笑)

勢いで作り始めた原型が完成していく姿を確認できる というのは
子供のときに始めて作ったプラモデルが完成したときの感情と同じです。
本日 夕方にはちゃんと腕も付いた状態で見れるはずなので
時間に余裕があったら、また、あらためて画像を掲載しますね。

そうそう 夏美のほうも、現在 塗装進行中。
こちらも、時間が許せばここに載せますから、お楽しみに です。
ただねぇ 夏美のほうは、ちょっと、塗装が荒いかも(^^;)

これは、クラフトベースさんがどーだ というわけではなく
キットを渡してから、15時間以内に仕上げてくれ というオーダーを出した呑山の問題なのです。
パーティングラインの処理から組み立て 塗装まで
引き受けてもらえただけでもありがたい…。

クラフトベースさん ごめんなさい。

1985年公開 とのことですなぁ
今年で25年 四半世紀前の作品名わけです。

当時、呑山は高校生で~云々 という話はどーでもいい。
いろいろ間が開いて 時間もかかったけども
やっと完成状態の原型を公開できます。

作るぞ と言ってからだいぶ、時間もたったんだが
大学生の頃、チャレンジした過去もあるので、それから数えると
20年くらい? 製作にかかった時間は(笑)

まあ、昔 作ったときは頭部のみ作って放置していたので
実質、挫折していたんだが ねぇ 執念深いぞ 我ながら(^^)

背景のミュシャな感じの模様は、先に公開したものでは違うと思う線があったので
新規に作り直した。
あれだ ロビンの時もそうだったが、今回も目立つんだか 目立たないんだか
よく分からない背景になったんで、こだわる必要があったか否かは謎。

ここは、陰影を強調するとか
違う色で塗って模様を浮き上がらせるとか
塗装するモデラーさんそれぞれで個性を発揮していただきたい所♪
完成画像が遅れた理由のひとつには
腕の作り直し というアクシデントもあった。

版元さんから、設定とデザインが違うので、設定に忠実な線を再現するように
という指導があったのだ。
ビデオパッケージの いのまたむつみさんの描くレダの腕をイメージしていたので
肘あて 手甲 などのデザインが違ったんだぁねぇ。
ブラの背中側のライン 肩あての形状など
細かい部分はアニメ版とイラスト版ではいろいろと違うんだが
版元さんの指導に従い、ここら違う線はアニメ版に改修した。

当初、予定していた二の腕の金の腕輪 などが省略されたのはこのため。
キットを購入された方は、当時のイラストなどを参考に
改造してみるのも面白いと思う。

古く 思い入れの強いファンも多いレダだけに、それぞれの思い描く理想の線というものがあると思うのだ。
なにはともあれ 幻夢戦記レダ 朝霧陽子
この状態で複製作業に入ります。

仕事やらプライベートやら風邪やらいろいろあって
気が付くと月が変わっている…orz
取り急ぎ、原型画像の公開をひとつ

ケロロ軍曹の夏美
コスプレver

ってかザクだわな。

画像は完成原型。
当初はスカートも履いていたし
バックパックから喉元にパイプもあったのだが
形状を見ているうちに 省略しました。

首の動力パイプはねぇ あれだ
頬やら肩に干渉したり 首が短く見えたり
っつーか太って見えたり
上半身の情報量が極端に増えたり

などの都合で、無いほうがキレイにまとまるなぁ と 思い
呑山の独断で省略。

いや、作るだけ作ったんだけど
余分なパーツだなぁ という感じが強かったんで…。

スカートは ザクの金属っぽいスカートやら
布っぽいスカートやら 履かせてみたんだが
やはり 腰が大きく見えてわき腹に這う動力パイプが邪魔に見えたり
お尻のラインが隠れたり などの不都合が気になった。

腰の動力パイプは記号として、外したくなかったので
スカートを外すことで、全体のバランスをとった つもり

なのだが さて、どんなもんかねぇ?

手持ちの武器はバズーカが付属。
どーでもいいことだが、グリップの形状が同じなので
1/100のガンプラのマシンガンやら純正(?)のバズーカやらを持たせることも可能です(笑)

で、これから複製品しながら、別の角度からの画像とかもおいおい
公開しましょうねぇ その時間があれば の話だが…。
それはそれとして

幻夢戦記レダの原型

こちらも完成してます。
こちらの画像は、明日、掲載予定♪
ということで応援メールを送っていただいたみなさま
明日、レダの原型画像を載せますので、お楽しみに~(^^)