趣味の総合サイト ホビダス
 

昨夜、出かけたことで、あらためて確認できたが

○助手席側ライトが点かない
○バックライトが点かない

この2点は再認識できた。
というか ライトが片目 というのは分かっていたが
バックライトが点かない ということは昨夜、初めて気が付いた。
昼間には確認できなかったからねぇ…。

○燃料計の明かりが点いたり消えたりする
おそらく、接触不良であろう
○ウインカースイッチが安定しない
カーブに入る寸前 もしくはハンドルを戻す前、勝手にキャンセルする
○ウインカーの点滅速度が安定していない
エンジンの回転数で点滅速度が極端に変わる

これは、以前、のっていた68年型には無かった症状。
ブラジルものは回路が違うのか?
または
68年型は回路を変更していたのか?
…ちょっと整理してみよう

○ライトが片側 点灯しない
○バックライトが点かない
○燃料計の明かりが安定しない
○ウインカーの点滅速度が不安定
○ウインカーレバーの作動不良
○ヒートエクスチェンジャーのワイヤー切れ
○ヒートエクスチェンジャーのクランプ付け忘れ
○ヘッドカバーからの不自然なオイル漏れ

とりあえず、急いで修理 点検が必要と思われる点は
このくらい。かな?
細かいことを言い出すときりがないが、これらは実用上、
問題があるものねぇ
なんとかせんとね。
ただ、引渡し後 ライトが切れたり安定しなくなったのか
それとも 当初からそうだったのか
ここは確認できていない。
最初から、ライトが点かなかったり ヒーターが
効かない状態だったというなら
点検 整備していた人間の顔を見てみたい というよりも、
近づいてはいけない業者であろう。

引渡し後 これらの症状が急に出た ということであれば、
電装系に問題があるかもしれない。
電線をたどって、根本的なチェックをしたほうがいいかも。
想像の域を出ないが、前オーナーは
あまりビートルのことを知らないまま

「こんなものなんだろう」

と思い込んでいたのではないか?
オーディオの配線あと 室内の後付アクセサリーの処理を見ると
素人のDIYにしか見えない。
前オーナーが趣味で配線 施行したのなら、まあ、こんなものか
と思うが、業者に任せた というなら
スゲェ へたくそな業者に捕まったものだ と思う。

エンジンも白い煙をモウモウと吐くような状態だから
まともな整備はしてないのかもしれない。
どちらにしても、このままでは安全な走行に支障が出るので、
あちこち手を入れて初期化する必要があるねぇ。
仕事のスケジュールと金銭的余裕があるなら、別に
かまわんのだが そーゆーわけでもない(笑)
さて、どこからかかろうか……………??

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

One or two to rmeebemr, that is.

Comment feed

コメントする